『ウェイトレイスのバイト@競馬場』はあっけらかんとした環境がいい☆騒がしいのが好きな人あつまれ!

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、競馬場にあるレストランのバイトのココがイイ!をご紹介します。

たくさんの料理を素早く運ぶのが得意なキョウコさん(30)歳にインタビューをし、このバイトの魅力と、求人に応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!それではキョウコさん、よろしくお願いします!



はじめまして、キョウコです。私は16歳から20歳まで、競馬場にあるレストレンでウェイトレスのバイトをしていました。

職場が競馬場ということで、お客さんはおじさんが多く、ワイワイガヤガヤ賑やかでした。なので、普通のレストラン環境とはちょっと違うかもしれません。笑

この記事では、競馬場にあるレストランでウェイトレスをする魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:約900円
勤務時間:週2日、1日5時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

競馬場というだけあって、そこで働くスタッフは、60歳近いおばちゃんか、もしくは若いやんちゃな学生(通称ヤンキー?)が多かったですね。みんな結構明るい感じでした。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 ■6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 ■どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) □2〜5人 ■6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  ■超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

競馬場ウェイトレスのアルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

明るく気さくなスタッフが多く、おしゃべりに困らない。勤務時間が短く、負担が少ない。

ウェイトレスのバイトは、勤務するお店の雰囲気によって合う合わないが違ってくると思います。

仕事自体は注文を取る、お水や料理を運ぶ、食器を片付けるなど、どこのお店も同じですが、例えば品のあるフレンチレストランと競馬場のレストランでは、お店の雰囲気に天と地ほどの差があります。

競馬場のアルバイトは、年齢層が18歳前後とみんな近かったので、フレンドリーな人が多かったです。職場で知り合ったメンバーで仲良く遊んだり、メールしたりしていました。

競馬場のレストランは営業時間が短く、私は土日限定で午前中のみの仕事だったので、体もしんどくないし、学校がお休みの時はいつもバイトに入っていました。
制服もそこそこ可愛いので言うことはありません。

しかもそこは食券形式だったので、注文をうかがうのもとても楽でした。

しかし、やっぱりスタッフ全員の仲が良いことが一番でしょうか。
やんちゃな学生と、残りは明るいおばちゃんばかりだったので、しゃべるのには困らなかったですね。殺伐としたお店だと、しんどくてやってられないと思います。そういう意味では、最高の職場だったと思います。

プライベートでも仲良くできる仲間ができ、充実した日々が送れた

スタッフ全員とよく、クリスマスパーティーや忘年会、新年会などをしていました。しょっちゅうみんなでわいわい一緒に騒ぎましたね。

同年代のメンバーでよく集まって、みんなでファミレスに行ったりしていました。
結構楽しくて、あの時は何気にリア充していたんだなと思います。

そこのレストランでは競馬場ならではお金持ちのお客さんとか、馬主さんなども訪れる事が多かったです。

お客さんの質は決して良いものではありませんでしたが、地域が地域だけにあっけらかんと接して下さる人は多かったと思います。学生さんがやるには一番いいバイトだったのかもしれませんね。

ウェイトレスのバイトを検索してみる!

競馬場レストランのウェイトレス 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

口コミの紹介がないと入れない可能性あり。騒がしいのが苦手な人には向かない。

当時は姉の紹介でそこのバイトに入りました。

そこのバイトは求人広告など出しておらず、口コミの紹介がないと入れない事が多かったです。
その為スタッフは誰かの知り合いや友人、または学校の同級生、自分の兄弟や姉妹などの繋がりが多かったです。

確か競馬場のレストランは大概そんな感じだったと聞きました。
もしかしたら単純に求人広告を出すお金がもったいないからという理由もあったのかも知れませんね。

ただ場所が場所だけに本当に品はないので、嫌な人はやめておいた方が良いかも知れませんよ。別に絡まれるって事はありませんでしたが、ギャーギャー騒がしい事もあります。年配の人が多いのもありましたが。

愛嬌や体力は必須。ただそれだけじゃなく、周囲を見ながら自分で考えて動くことが大事。

競馬場にあるレストランといえども、ちゃんとしたウェイトレイス業なので、愛嬌は必要です。しかも動き回る事も多いので、体力が必要です。

当時はただ、料理やドリンクを運べば良いとだけ思っていましたが、今はそれだけじゃ絶対ダメな気がします。

その場所で気に入られて長く勤めたいと思うなら、みんなとのチームワークや協調性がないとしんどいと思います。働く場所において、今は何が必要か、周りの人も見ながら率先して働く事が大切だと考えます。

私が勤めた競馬場のレストランは早い、安いが売りでした。だから何でもテキパキ元気よく動くことが求められていました。

お店によってニーズはそれぞれ異なりますが、何をすればいいのか、経営者は何を見ているかなど、状況に合わせる事も大切だったのだなと、今はひしひしと感じます。

競馬場のレストランは、あっけらかんとした雰囲気で何を言われてもへっちゃらな人に向いている

競馬場のレストランでの楽しいエピソードといえば、お客さんとパートのおばちゃんが話している時の様子を見た時でしょうか。

その話の内容を聞いていると「あんたまた太ったかー」とか「老けたな」とか、お互い結構とんでもない事を気軽に言い合っているんです。

はたから聞いていたらとんでもない話題な気がしますが、当人たちは楽しそうに話していました。
当時、私のことを気に入ってくれたお客さんもいて、そのお客さんからも同じような事を言われました。
最初はかなり驚きましたが、慣れていったら全然苦にならず、普通にお話し出来るようになりました。なんせあっけらかんと言われるので、こっちも怒る気にもなりません。笑

最初は、やっぱり競馬場という所なので緊張していましたが、実際に働いてみると、大阪の下町のようなフレンドリーな空気が心地よかったです。

競馬場のレストランでの仕事は、やはり接客業なので明るい人がいいですね。年齢は特に関係ありません。決して品が良い場所ではないので、その雰囲気を苦痛に思わない人なら向いていると思います。

ウェイトレスのバイトを検索してみる!

関連記事

『お弁当屋さんのアルバイト』は“清潔なお店”で選ぶべし。応募前に知っておきたい2...

『洋菓子店のバイト』でオシャレな包装やリボンの結び方を学ぼう☆応募前に知っておき...

『喫茶店のバイト』は男性を選ぶスキルがUPする?!応募前に知っておきたい2つのポ...

『スーパーのレジ係』はだれでも気軽に挑戦しちゃお♪常連さんとのおしゃべりが楽しい...

『リゾート高級ホテルのレストラン』は自然に癒されながら人生を学べる場所。あなたの...

『大手ハンバーガーチェーン店クルー』は年齢なんて関係ナシ☆職場選びの2つのポイン...