『某テレビ局主催 夏イベントのアルバイト』は女子に“モテ期”が到来する?!浮かれすぎには要注意。

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、某テレビ局で行われる夏イベントのアルバイトのココがイイ!をご紹介します。

人見知りは激しいけれど人と接するのが嫌いなわけじゃないアヤメさん(24)歳にインタビューをし、この期間限定アルバイトの魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介いただきました!それではアヤメさん、よろしくお願いします!



はじめまして、アヤメです。私は21歳の夏の3ヶ月、某テレビ局で行われる夏イベントでアルバイトをしました。

私はインフォメーションセンター担当として採用され、接客や誘導、急病人の面倒や、外国人相手の説明などをやりました。この記事では、夏のイベントのアルバイト魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:日給8000円ぐらい
勤務時間:週4日、1日9時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:ちょっと大変

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

いろんなアルバイト派遣会社からたくさんの人が来ていて、みんなで研修を受けました。研修期間中は和気あいあいとしていましたが、イベント期間に突入した途端、ちょっと社員のギスギス感も感じましたね。テレビ局は、どこもあんな感じでしょうか・・・。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 ■どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 ■23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) □2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 ■21人以上
就職の難易度 □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 ■どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない
仕事を見つけた方法 □ハローワーク ■新聞広告・フリーペーパー □求人サイト・アルバイト情報サイト □転職エージェント □店頭チラシ □学校の紹介・学校内の貼り紙 □知人の紹介 □その他

某テレビ局主催!夏イベントのアルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

テレビ局の大イベントに、スタッフとして参加できる体験そのものが貴重な思い出になる。

この仕事の魅力は何より、このバイト経験自体が良い思い出になることですね。

毎年テレビ局で盛大に行われる夏の大イベントなので、ご存知の人も多いかと思いますが、そういう大きなイベントにスタッフとして参加できることはとても貴重な体験になります。

会場ではよく、アナウンサーや芸能人とすれ違いました。
契約の都合上、どなたという事は申し上げられませんが、皆さんがご存知の方々ばかりです。

面白いのが同じアナウンサーでも人間性が見える場面があります。

アナウンサーの方とは会社内の人という事もあり、必ず挨拶しなければなりませんでしたが、こちらが挨拶すれば大概の人は返してくれます。

軽い感じで返してくれる人もいれば、丁寧に労を労ってくれる優しい人もいました。

しかし時には、こちらの声が聞こえてないのかお忙しいのか、挨拶をしてもプイとそっぽを向かれてしまうことも。テレビではあんなに可愛く映っているのに・・・と、その時はちょっと驚きましたね。

丁寧に挨拶を返してくれるアナウンサーや芸能人に出会うと、それまで全然興味がなかったのに、急に親近感が湧いてファンになりました。笑

イベントスタッフは男性アルバイトが多い。女性アルバイトは“モテ期”を経験できたりする。

これは意外というか、それを期待したり想定した訳ではありませんが、イベントの仕事はそのほとんどが肉体労働なので、男性スタッフが多かったです。

複数のイベント請負会社から、男性アルバイトがたくさん派遣されていました。

そして私が所属していたインフォメーションセンターは、女性スタッフのみだったので、何人もの男性がナンパ目的に寄ってきていましたね。笑

夏イベントでみんな開放的な気分になっているのか、勤務する日はほぼ毎日誰かしらに声をかけられました。

普段の生活では全然そのような経験がなかったので、当時は嬉しさ半分、戸惑い半分の複雑な心境でしたが、今思えば、あれが私のモテ期でした。笑
そういう意味でも、貴重な経験になりましたね。

夏フェスタ(イベント)のバイトを検索してみる!

フジテレビの夏フェスタ情報はコチラ

某テレビ局主催! 夏イベントのアルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

イベント請負会社によって、雇用条件やスタッフの雰囲気が違う。ネットで調べてから応募しよう。

イベントのアルバイトは複数の会社が請け負っているので、実は自分が雇われる会社によって条件は様々あるようです。

仲良くなった他のアルバイトスタッフに聞いてみると、労働時間、肉体労働、時給など全然違いました。なのでイベントのバイトを探す時は、最初に見つけた1社だけでなく、複数見た方が良いと思います。

そして違うのは労働時間や時給だけでなく、アルバイト生ばかりなのに不思議な事に、その会社ごとに雰囲気が全然違うんです。

私がいた会社は比較的良いほうでしたが、噂の悪い会社もありました。

労働条件は良いのに、上司の言葉遣いが悪すぎるところや、セクハラされるところ、せっかく稼いだお金を使い切ってしまうほど毎日のように飲み会が続くところ・・・などなど。そこは派手な業界特有らしいです。
そういう実態があるので、会社ごとの口コミをインターネット等で事前に調べる事をお勧めします。

モテ期になっても浮かれすぎに注意しよう。しつこく声をかけてくる男性スタッフは危険。

先ほど男性に声をかけられる“モテ期”が訪れたと書きましたが、実はその中に何度もしつこく(半ば本気で)声をかけてくる人がいました。

それはなんとイベント会社の幹部。(笑)

年齢はその時40代後半に見えましたが、たまたま話した時に実家が近所という話で盛り上がってからは、毎日勤務中だというのにしつこくつきまとわれて、、、

最初は笑って無視していましたが、あまりのしつこさに、だんだん周囲から白い目を向けられるように><;

今となってはかなりの笑い話ですが。
その人も、テレビ局主催の夏の大イベントということで、ついつい羽目をはずしちゃったのでしょうか。

夏のイベントは、開放感からついついこんな男性が増えるようです。アルバイトをする女性には、気をつけてもらいたいですね。

夏イベントのバイトは、暑さに負けない体力のある人に向いている

某テレビ局主催の夏イベントは、毎年7月中旬から9月1日まで行われます。夏休み期間ということもあり、国内外からたくさんの人が訪れる大イベントです。

インフォメーションセンターでは、外国人のお客様を接客することも多く、それほど英語が得意でなかった私でも、バイトが終わる頃には英語で簡単な案内や説明ができるようになりました。

英語ができる社員さんのセリフをただ真似しただけですが、それでも英語を話すいい機会になりましたし、とても勉強になりました。

夏イベントのアルバイトは、明るく、接客が好きで、暑さに負けない体力のある人に向いていると思います。あとこの仕事は、どんなに頑張って日焼け止めを塗ってもやっぱりかなり日焼けしちゃいますね。日焼けに弱い人には難しいかもしれません。

配属される場所にもよりますが、体力仕事も結構あるので、年齢は30歳くらいまでの人がいいと思います。

夏フェスタ(イベント)のバイトを検索してみる!

フジテレビの夏フェスタ情報はコチラ

関連記事

『ドラッグストアのバイト』は穏やかで静かな人にオススメ☆化粧品サンプルももらっち...

『ビジネスホテルのフロント』の魅力と、職場選びの2つのポイント

『模試の採点アルバイト』は自分が試験を受けている錯覚に陥る?!応募前に知っておき...

『ファミリーレストランの清掃限定アルバイト』は副業に最適。365日営業だから収入...

『ピアノ講師のバイト』は“音楽の楽しさ”を伝えてナンボでしょ☆応募前に知っておく...

『コールセンターのバイト』は子育て中ママにピッタリ!応募前に知っておきたい2つの...