『模試の採点アルバイト』は自分が試験を受けている錯覚に陥る?!応募前に知っておきたい2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、高校模試の採点アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

文章を読むのが得意で、国語の採点を担当していたミサキさん(30)歳にインタビューをし、模試の採点アルバイトの魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介いただきました!それではミサキさん、よろしくお願いします!



はじめまして、ミサキです。私は19歳から21歳まで、高校模試の採点をするアルバイトをしていました。

このバイトはまず模擬試験を自分で解いてみて、それから模範解答をみて、高校生の試験の採点をします。あとはミスがないか他の人が採点したものをチェックしたり、まとめて綴じるまでが仕事でした。
この記事では、模試の採点アルバイトの魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:1000円くらいから
勤務時間:不定期、1日5時間ぐらい
必要な資格:特になし(高卒以上であれば大丈夫)
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

落ち着きのある真面目な空間ですが、休憩時間は学生同士和気あいあいとしています。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
■男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) □2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 ■21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない
仕事を見つけた方法 □ハローワーク □新聞広告・フリーペーパー □求人サイト・アルバイト情報サイト □転職エージェント □店頭チラシ ■学校の紹介・学校内の貼り紙 □知人の紹介 □その他

模試の採点アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

高校模試の採点アルバイトは大好きな教科、得意な分野で仕事をすることができる。

高校模試を採点するバイトは、何より得意分野を仕事にできるという点がとてもよかったです。

私は大学時代は文系の学部に通い文学を学んでいたのですが、文学を活かせる仕事というのはなかなかありませんでした。

そんななか模擬試験の採点は好きな国語を仕事にできました。

なぜなら各教科の中から自分の得意教科だけを採点するように配置してもらえるのです。
私の場合、学歴と面接内容から希望通り国語の採点担当になれました。

私だけではなくたいていの人は希望通りの教科に配属されます。得意分野でなければ採点ミスが増えてしまうため、得意教科での採用が基本だとききました。
おかげで大好きな言葉にふれながらお金を稼ぐことができ大変満足していました。

仕事中は無理に人と話さなくていい。似たような得意分野を持つ人が集まるので、休憩時間のおしゃべりも意外と苦痛じゃなかった。

私は内向的なので接客業はあまりやりたくないと思っていました。
その点において模擬試験はもってこいでした。

仕事中は何枚もの解答用紙と向き合い続けます。まわりにたくさん人が座ってはいますが、無理に苦手なおしゃべりをしなくていいどころか、むしろおしゃべりをしてはいけないわけです。

唯一仕事中に話すことといえば微妙な回答についてどうするかリーダーに相談する時だけ。

おかげで対人関係のストレスを感じずに仕事をすることができました。

休憩時間も少しあり、その時は周囲の人たちとおしゃべりもあります。

これが意外にも苦痛じゃなかったのは、同じ教科を採点している人たちはたいてい学部も似たような人たちが揃っているので違和感がなかったからです。とても居心地が良かったです。

模試採点のバイトをここから検索できます。

高校模試の採点アルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

常に一定の仕事があるわけじゃない。そこを利点ととらえるか?不満に感じるか?考えてみよう

この仕事をする場合に、非常に忙しい時期とまったく仕事のない時期があることをしっておかなければならないと思います。

いつでも同じ量だけ仕事があるわけではありません。

コンスタントに稼ぎたいのであれば試験がない時期は不満が募りそうです。しかし、決められた期間に得意分野でパッと稼げるので利点ともいえます。

この点を不満に思ってしまいそうか利点ととらえられそうか、自分でよく考えてから応募した方がいいと思います。また、自分の学歴と関係ないけれどもとても得意な教科があって、そちらの教科を採点したい場合には、履歴書のその他の欄に書いておくことをおすすめします。

たくさんの人が応募してくるので、希望が殺到する教科となかなか人が集まらない教科があります。人が集まらない教科もできるならすぐに採用が決まります。

最初は簡単な採点で時給1000円くらいから。ミスがなければどんどん昇格していく。

高校模試の場合、採点をする人にもランクがあります。

初めての採点の場合にはミスしにくい問題のみの採点になります。時給も低めです。(といっても1000円くらいですが)
そこでそつなく採点業務ができればしだいに難しい問題の採点に移行していきます。そうすると時給は上がります。

そして長い期間採点業務をしているとそのブロックのリーダーになり、自ら採点するだけでなく効率よく採点業務が進むように全体に指示なども行います。

リーダーになると時給も高いです。もともとの時給の設定がけっこう高いので、最初の簡単な採点業務でも日中のお店での接客アルバイトよりお金がたまります。

そこでミスするという人はほとんどいないので、たいていはランクアップしてもらえます。

大学生か、公務員試験を目指して勉強している人に向いている。『試験』が大嫌いな人はやめておいた方がいい

模擬試験の採点ですから、解答用紙に書かれている高校生の答えは本当に多岐にわたります。

国語の場合には、数学などと違って文章での答えもありますので、とても判断の難しいものもあります。

その場合には採点にばらつきがおきないために、同じ問題を採点している人たち・リーダー・社員さんと話し合って採点の仕方を決めていきます。

そして地方の高校生からの答えには方言が入っていることがよくあります。そんな時は、その方言の扱いをどうするかと、リーダーたちと話し合いをするのですが、それが非常に楽しかったです。

方言の意味を調べたり、どれだけ認知度があるかなども話し合われました。採点者の出身地などにも話が及び、有意義かつ楽しい経験となりました。

高校模試の採点アルバイトは、大学生や大学を卒業して公務員試験を目指している人に向いていると思います。

採点する側とはいえ、静かな空間で長時間解答用紙と向き合うことになるので、まるで自分が試験を受けているかのような錯覚に陥ることもあります。笑

だから試験が大嫌いな人はやめておいた方がいいかもしれませんね。

模試採点のバイトをここから検索できます。

関連記事

『高校生向け家庭教師アルバイト』は受験戦争を乗り越えた大学生に最適!!成績が上が...

『小さな遊園地のアルバイト』は子供好きな人にピッタリ!安全を守る知識も身について...

『小学生指導の塾講師アルバイト』は子どもに教えながら自分も成長。子どもの“純粋な...

『クリニックの医療事務』は患者さんと笑顔で触れ合える場所。アットホームな環境で楽...

『ドラッグストアのバイト』は穏やかで静かな人にオススメ☆化粧品サンプルももらっち...

『ベンチャー企業の仕事』は、刺激を求めて新しいモノ作りを目指す人に向いている。精...