『銭湯の受付アルバイト』は、洗濯物の香りに癒される。お風呂やサウナ無料の特典もうれしい。

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、銭湯の受付アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

銭湯受付のアルバイトを2年間経験したヒサコさん(45)歳にインタビューをし、この仕事の魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介いただきました!
それではヒサコさん、よろしくお願いします!



はじめまして、ヒサコです。私は20歳から22歳まで、銭湯の受付のアルバイトをしていました。

主な仕事は、受付で金銭のやり取り、ロッカーの鍵の受け渡し、物品の販売、受付周辺の清掃、1時間に1回の銭湯内の見回り、使用済みバスタオルの洗濯などです。
この記事では、銭湯受付アルバイトの魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:約900円
勤務時間:週3日、1日4時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。
堅苦しくなくて和気あいあいとした雰囲気なのがよかったですね。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 ■女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない
仕事を見つけた方法 □ハローワーク ■新聞広告・フリーペーパー □求人サイト・アルバイト情報サイト □転職エージェント □店頭チラシ □学校の紹介・学校内の貼り紙 □知人の紹介 □その他

銭湯受付アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

銭湯の受付は2人体制。仕事中にもゆっくり話を時間があり、一人暮らしの寂しさを紛らわすことができた!

私が働いた銭湯では、受付は2人体制だったので、同年代だった相手の人と仲良くなれた点が良かったです。

私は大学生で一人暮らしをしていたのですが、ある時ずっとお腹の調子が悪く悩んでいました。
そのことを受付の仕事をしている合間に相手に相談したところ、その人は家族と暮らしていたんですが、私のことを自分の親に話し、知人のお医者さんを紹介してくれました。
大病院に予約までしてもらい、検査を受けることができました。

結局、特に大した病気ではなかったのですが一人暮らしの心細さが緩和されました。

それほど忙しい仕事ではなかったので、お客さんが来ない時は、受付をしながら色々なことを話すことができ、寂しさを紛らわすことができました。
その時仲良くなった人とは今でも交流があります。

また私は、受付以外にも、お客さんの使用したバスタオルを洗濯する仕事が好きでした。洗濯、乾燥した後の香りに癒されていました。

銭湯受付のバイトは、勤務日や時間の融通がきいて、大学との両立がしやすかった!

この仕事の魅力のもう一つは、銭湯は午後から営業するので大学に通っていた私にとって勤務時間がちょうど都合が良かった点ですね。

午後から夜遅くまでやっているので長時間働くこともできるし、大学の試験期間で忙しい時は融通を利かせてもらえしばらく休むこともできるし、自由度が高かったと思います。

いつも勤務時間や勤務日は前の月に希望が出せました。

逆に言うと基本的には2人体制なのですが忙しくはなく、一人であってもこなせる仕事でした。

ひとりの時でも何らかの事情で受付を離れる時は、常に社長夫婦がいたため一声かければ大丈夫でした。

こちらの事情を優先してもらえ、自分の都合に合わせて働くことができる点は、本当によかったと思います。

銭湯のバイトを検索してみる!

銭湯受付のアルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

2人体制か、1人体制かを確認しよう。人付き合いがうまくやれないと、2人体制はキツイ。

この仕事は2人体制で何時間も過ごすことになるため、苦手なタイプとはうまくやれないという人には向かないと思います。

どんな人と一緒になるかは自分で決められるわけではないため、誰とでもうまくやれないと苦痛に感じると思います。

仕事自体が忙しければ仕事に集中することになり、相手との関係はそれほど重要ではないと思います。でもこの仕事はそれほど忙しくないため、相手との関係が仕事のストレスになると思います。

ただ私が働いた所は2人体制でしたが1人体制の銭湯も多いと思うので、人間関係が苦痛になる場合は1人体制の受付を選ぶことが大事だと思います。

そもそもあまり求人に出てこない職種なので、常にアンテナを張っておくことも必要だと思います!

銭湯でバイトすると、お風呂やサウナに無料で入れる特典がある。ぜひ利用してみて!

私は数回しか利用しませんでしたが、そこの銭湯とサウナを無料で利用できるという特典がありました。これも良かった点です。

最初応募した時は、大きなお風呂に無料で入れるなら仕事が終わった後入ろう!と意気込んでいました。

ところが家から職場が離れていて、私は電車を利用していたためお風呂の後に又電車に乗るというのが何となく嫌になってしまいました。

バスタオルも無料で借りられ手ぶらでも入浴できるし、お風呂も広くて気持ちがいいし、家さえ近ければ毎回仕事の後に入浴していたと思います。

ジェットバスはとても良かったです。この特典は結局あまり使えませんでしたが、他の仕事仲間はよく利用していました。

ゆっくりと話ができる雰囲気のある女性や明るく楽しい女性に向いている。

私が勤めていた銭湯では、いつも決まった時間に訪れる常連のお客さんがいました。

その人は男か女かわからないような格好をしているのですが、男湯に入っていくのでおそらく男性だったんだろうと思います。笑

毎回サウナにも入っていました。
受付の近くにちょっとした飲食スペースがあり、その人はお風呂から出てくるとそこでビール片手に私達に話しかけてきました。

主に自分の人生経験を話すのですが、私達受付としては、話の内容よりもその人が一体何者なのか?が気になって仕方ありませんでした。笑

ある時は私達に差し入れとして高級なお菓子をくれることもありました。
結局最後までその人の正体はわからずじまいでしたが(残念!)、色々と話した思い出に残るお客さんの1人です。

銭湯では、入浴後ものんびりと過ごしていくお客さんが多いため、その人以外にもたくさんのお客さんと楽しいやり取りがありました。

この仕事は、お客さん(特におじさん)相手なので若い女性が向いていると思います。
リラックスすることを目的に来てくださる方が多いので、ゆっくりと話ができる雰囲気のある女性、または明るく楽しい女性がいいと思います。

銭湯のバイトを検索してみる!

関連記事

『遊園地の職員』は子どもの笑顔と安全を守るのカッコイイ仕事だった!

『旅館の清掃アルバイト』の魅力と、職場選びの2つのポイント

『新幹線内の清掃の仕事』は驚くような忘れ物を発見できる!仮眠が取れて仕事も楽ちん...

『小学生指導の塾講師アルバイト』は子どもに教えながら自分も成長。子どもの“純粋な...

『スーパーの野菜売り場アルバイト』は廃棄前の果物が食べ放題!ビタミン不足の心配い...

『小さな遊園地のアルバイト』は子供好きな人にピッタリ!安全を守る知識も身について...