『お好み焼き屋アルバイト』は大学生にサイコー☆自宅でお好み焼きパーティーをやろう!

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、お好み焼き屋アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

広島風お好み焼きが大好きなナツさん(25歳)にインタビューをし、この仕事の魅力と、勤務先を選ぶときのおすすめな選び方を2つご紹介いただきました!
それではナツさん、よろしくお願いします!


はじめまして、ナツです。私は19歳から24歳まで、お好み焼き屋さんでアルバイトをしていました。
お好み焼き屋さんは大小色々とありますが、どのお店も気取らないフレンドリーな雰囲気で、大学生アルバイトが多くワイワイ賑やかな環境が特徴です。この記事では、この仕事の魅力と、勤め先を選ぶときのポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:750〜900円
勤務時間:週5日、1日5時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

近所の大学に通う大学生が一番多かったですが、元バイトスタッフが社会人になった後も、時々、助っ人で仕事に入ったりと、けっこう自由な勤務体制でした。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
■男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人
□11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

お好み焼き屋アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

お好み焼き屋のバイトは、お好み焼きがお腹いっぱい無料で食べられる!

この仕事の一番の魅力は、何と言っても美味しいお好み焼きが、無料でお腹いっぱい食べられること!

お好み焼き屋のバイトは、たいていどこのお店でも「まかない食付き」になっていて、無料で好きなお好み焼きを食べさせてもらえます。

お店のメニューの中から好きな物を選んだり、時には既存のメニューをアレンジして、新しいものを作ってもらったり♪
お好み焼きばかりでは飽きるので、焼きそばやその他の一品料理とご飯のセットを選ぶこともできました。

お店が忙しくてまかないを食べる時間がないときは、持ち帰り用のパックに詰めて、持って帰ることもできました。そんな日は、自分で食べずに両親や姉妹にわけてあげると、とても喜んでもらえました。

普段は、アルバイトが一人ずつ順番で食べるのですが、お店が暇な日は、アルバイトのメンバーでみんな一緒に食べることもあります。
みんなで集まってワイワイ言いながら食べる時間は、これまた最高です。

お好み焼きを美味しく作る技術を学び、自宅でも本格的なお好み焼きが作れるようになる。

お好み焼き屋でバイトすると、美味しいお好み焼きの作り方を覚えて、それを自宅でも作れるようになるという魅力もあります。

お店の方針にもよりますが、アルバイトに入って最初の頃は、注文をとったり洗い物をしたり、キャベツを切って下準備をしたりという仕事が多いですが、少しずつなれてくると、実際にお好み焼きを作らせてもらえるようになります。
(もちろん、最初はお客様に出す商品ではなく、アルバイトのまかない食から作ります)

店長やマネージャークラスの上司から、ネタの混ぜ方、火の強さ、焼き時間などを細かく教えてもらえるので、本格的なお好み焼きが学べます。

それを家に帰って作り、家族や友達に食べさせてあげると、みんな「美味しい、美味しい」といって喜んでくれます。

自宅で作るときは普通のホットプレートなので、お店の鉄板で作ったような味は完全に再現することは難しいですが、それでも、普通の素人が作るよりはずっと美味しいお好み焼きが作れます。

これも一つの『手に職』だと思います。

お好み焼き屋のバイトを検索してみる
お好み焼き屋の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

お好み焼き屋アルバイト 職場を選ぶポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

お好み焼き屋は、やりがいを求めるなら個人経営店がおすすめ!

お好み焼き屋さんといえば、千◯、風◯、じゅ◯じゅ◯屋などのチェーン店がたくさんありますが、やりがいを求めるなら、私は断然、個人経営のお店がおすすめです。

その理由は、アルバイト店員と経営者の距離が近く、自分が出した“お店を良くするアイディア”を採用してもらいやすいからです。

個人経営のお店は、経営者=店長であることがほとんど。

いつも私たちアルバイト店員と一緒に働いています。

メニューやお店のインテリア、接客方法など、お店を良くするアイディアが浮かんだときにすぐに店長に伝えることができるし、採用してもらえるともっとやる気がでます。

もっと良いお店にしたい。
もっとお客様に喜ばれるお店にしたい。

という意欲をますます刺激されるようになるのが、個人経営の店です。

友人が大手チェーン店の鉄板焼き屋でアルバイトをしていますが、チェーン店ではメニューや材料、インテリアまですべて本部で決められていて、アルバイトはそのマニュアル通りに動くだけだから「もっとこうしたら美味しいのに・・・」とか思っても、まかない料理として自分たちで食べるだけなんだとか。

私はしっかりとしたマニュアルがある方が安心だな。という人には、チェーン店がおすすめですし、新しいことを店長と一緒いどんどん作り出していきたい!という人には、個人経営店がいいと思います。

お好み焼き屋でアルバイトするならメニューが豊富なところがいい。

また“まかない食”の話に戻りますが(笑)、お好み焼き屋でアルバイトをするなら、できればメニューが豊富な所がいいと思います。

例えば、週4日のアルバイトだと、週に4日のランチ(または夕食)をお店で食べることになります。贅沢すぎる悩みですが、メニューの数が少ないと、どんなに美味しいものでもだんだん飽きてきちゃうんです。

時にはさっぱりしたものも食べたいし、たまには洋風、中華風のものも食べたいな〜って。

そんなとき、メニューが豊富なお店なら、まかない料理に飽きることがなくていいと思います。

別に、まかない食は“強制”ではないので食べなきゃ食べないでいいんですが(笑)、やっぱ、どうせ無料で食べられるならそれを見逃す手はない。
特に一人暮らしの大学生さんだと、アルバイト先のまかないって超貴重。

なので、この仕事を選ぶなら、メニューが豊富なお店がおすすめです。

接客が好きで、気を利かせて率先して動ける大学生に向いている

私が勤めていたお店では、店長がアルバイトスタッフをたびたび食事に連れて行ってくれました。(もちろん、店長のおごり。)

その日の営業が終わって夜から行くこともありますし、お店がお休みの日に、店長の奥さんや子供さんたちと一緒に行くこともあります。

営業と勉強を兼ねて店長の知り合いのお店に行くことが多く、たくさんのお店の中には、学生では絶対に行けないような高級料理店も!

色んな料理を食べたり、高級店の接客や“大人のルール”を学んだりと、いろいろ社会勉強させてもらいました。

店長は、私たちバイトを自分の子供のように思って可愛がってくれたので、バイトスタッフの方も、お店や店長に対するコミットメント(協力心)が自然と強くなったと思います。

これはまさに、個人経営店ならではのやりがい。

この仕事は、接客が好きでお客さんと楽しく話ができる人、気を利かせて率先して動ける人に向いていると思います。
その日の仕事が終わる頃には、全身にお好み焼きの匂いが染み付いて大変ですが(笑)、大学生のアルバイトには最適だと思います。

お好み焼き屋のバイトを検索してみる
お好み焼き屋の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『回転寿司のバイト』はグルメ系の寿司屋がお得?!厨房担当で魚のさばき方を覚えよう

『洋菓子店のバイト』でオシャレな包装やリボンの結び方を学ぼう☆応募前に知っておき...

『お弁当屋さんのパート』で食費を浮かそう☆職場選びの2つのポイント

『ラーメン屋のバイト』はファースト・バイトにうってつけ☆気軽に始められるのがいい...

『駅ナカにあるファストフード店』は治安面で安心感バツグン!職場選びの2つのポイン...

『イタリアンレストランのアルバイト』は本格的イタリアンが学べちゃう。花嫁修行にい...