『スーパーの精肉コーナー』アルバイトの魅力と、職場選びの2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、スーパーの精肉コーナーアルバイトのココがイイ!をご紹介します。

肉に関する知識が豊富で、肉料理が得意なミノルさん(25歳)にインタビューをし、スーパー精肉コーナーの仕事の魅力と、勤務先を選ぶときのおすすめな選び方を2つご紹介いただきました!
それではミノルさん、よろしくお願いします!


こんにちは、ミノルです。僕は17歳から19歳まで、スーパーの精肉コーナーでアルバイトをしていました。

この仕事は、スーパーの裏方でありながら、割引シールを貼る時間帯は主婦の人気者になれます。笑。この記事では、この仕事の魅力と就職先を選ぶときのポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:1000円 月収手取り約5万円
勤務時間:週4日、1日5時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、僕が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。
店長と社員さんが1人、アルバイト3名のこぢんまりとした職場でした。

項目 もっとも多い層
経験年数

6ヶ月未満 ■6ヶ月以上1年未満 1年以上3年未満 3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない

男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
■男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人
□11人〜20人  □21人以上
就職の難易度 □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 ■どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

スーパー精肉コーナーの仕事の魅力とは?

https://unsplash.com/

魅力1:お肉に関する知識が増え、お客様にアドバイスができる

この仕事の一番の魅力は、お肉に関する知識が増えて、お客様に肉料理のアドバイスができることです。

スーパーの精肉コーナーの仕事は主に“裏方”の仕事ではありますが、夕方の割引シールを貼る時間帯や、商品を並べたりするときには表に出て、お客様と接する事があります。

スーパーに来るお客様は常連さんが多いので、次第に顔なじみになり「今日のお勧めのお肉はどれ?」「このお肉を使って、こんな料理はできる?」など、アドバイスを求められてそれに的確に答えられるようになると、とてもやりがいを感じました。

精肉店コーナーで働くことが決まると、研修ビデオを使って基本的なお肉の知識を学ぶことができます。
肉と言っても鳥や豚、牛など種類の違いや、ロース、バラなど部位の違いがあるので、それぞれの特徴や料理の合う合わないなど、勉強することはたくさんあります。

一生懸命に勉強したことを、お客様に説明できて、感謝されたときにはとてもやりがいを感じます。ベテラン主婦の方からは、逆にいろいろと教えていただくこともあり、そんなお客様とのコミュニケーションが楽しかったです。

魅力2:それほど大変な仕事ではないので、無理なく続けられる

僕はアルバイトだったこともあり、それほど大変な仕事はありませんでした。

基本的には精肉後の機械の掃除がメインだったので、自分のペースでのんびりできる仕事でした。
勤務時間内に仕事が全て終われば、特にやることもなく、20時に30%引き、21時に50%引きのシールを貼る作業があるだけでした。
そのため、試験前は仕事の合間に勉強させてもらったりしていました。

機械の掃除や閉店後の片付けは、アルバイトスタッフ2人でやっていましたが、お互いに声を掛けて協力しながらやると、終業時間よりずっと早く仕事が終わることも可能です。そんな時はとても充実感を得ることができました。
ピカピカに輝いた機械を見ると、心までスッキリしてきたのを覚えています。

仕事内容がハードなものではなく、飲食店のように時間帯により忙しさに波がある仕事ではないので、マイペースで無理なく長期的に働き続けられるのは、この仕事の魅力だと思います。

スーパー精肉店の求人を検索してみる
精肉関係の『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

スーパー精肉コーナーの仕事を選ぶポイントとは?

https://unsplash.com/

ポイント1:仕事の作業内容をきちんと確認する

この仕事に就く時は、仕事内容や範囲をしっかりと確認するようにすることが大切です。

精肉コーナーでは、大きな肉のブロックから“薄切りパック”やカレー用のサイコロ大カットなど、商品に合わせてお肉をカットする仕事、商品を並べる仕事、掃除がメインになりますが、スーパーによっては、精肉コーナー以外の仕事を担当することもあるそうです。

僕の場合は、精肉コーナー限定だったので、お肉に関する勉強をして、ある意味“お肉のプロ”になることができましたが、スーパー全体の仕事になると、また全然違う感じになっていたと思います。
自分が「精肉コーナーだけだろう」と思っていたのに、実はスーパー全体の仕事だった・・・となると困惑してしまうので、面接のときにきちんと確認した方がいいと思います。

ポイント2:店長の人柄を確認する

スーパーの精肉コーナーの仕事は、基本的には接客業ではないので、普段の仕事で接する人はそこで働いているスタッフだけです。

小さいスーパーだと、スタッフは2〜3人しかいないところもあると思います。そのため、スタッフ、特に店長の人柄によって、働きやすさが全然違ってきます。

店長がいい人だと、仕事中の精神的ストレスはほとんどないですし、嫌な人だと、ジッと見られている感じで辛いです。
なので、面接で店長と話しをした時に、「この人と2人きりでも仕事をやれるか?」という視点で考えてみるといいと思います。

僕のおすすめは、お肉が大好きで、この仕事にプライドを持っていて明るいタイプの人です。お肉を食べ過ぎてちょっと小太りな人だとさらに安心です。笑

自分で計画立ててテキパキ仕事ができる若い人に向いている

あるクリスマスの日、1日限定で精肉コーナ―でイベントを開催したことがありました。

社員さんやアルバイトスタッフが、コスプレや着ぐるみを着てお客様に楽しんでもらうイベントです。その時に僕も着ぐるみに入ったのですが、小さい子たちがたくさん集まってきてくれて、その子たちの面倒を見ながら、お客様相手にお肉の説明やプレゼンを行ったことがとても楽しく、思い出に残っています。

僕はアルバイトでしたが「説明はお前がやれ」と店長から任された時、僕自身や仕事ぶりを認めてもらえて、頼られているという感じが嬉しかったです。

いつもとは全然違うお店の雰囲気に、気持ちの高ぶりを抑えることはできませんでした。

その日の売り上げは半期で1番良く、仕事内容としても楽しく感じ、上司からとても褒められて、今までで一番やりがいを感じることができた1日でした。

この仕事は、若い人に向いていると思います。誰からも指示されなくても、終業時間までに自分自身で計画立ててテキパキと仕事をこなせる人に向いていると思います。

スーパー精肉店の求人を検索してみる
精肉関係の『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『パン屋のアルバイト』は若くて元気な女性にピッタリ☆応募前に知っておきたい2つの...

『ホテル宴会のバイト』は会場演出で気分が盛り上がる♪リゾート地の仕事もいいネ!

『コンビニのバイト』はチェーン店の特徴を知って応募しよう。揚げ物やノルマの違いが...

『お弁当屋さんのパート』で食費を浮かそう☆職場選びの2つのポイント

『餃子の王将のアルバイト』は子どもが喜ぶ顔が見られる職場☆応募前に知っておきたい...

『イタリアンレストランのアルバイト』は本格的イタリアンが学べちゃう。花嫁修行にい...