『お弁当屋さんのアルバイト』は“清潔なお店”で選ぶべし。応募前に知っておきたい2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、お弁当屋さんのアルバイトのココがイイ!をご紹介します。

お弁当を包装するスピードがピカイチだったマチコさん(39歳)にインタビューをし、お弁当屋さんアルバイトの魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!
それではマチコさん、よろしくお願いします!


はじめまして、マチコです。私は高校生の頃から20歳くらいまで、お弁当屋さんでアルバイトをしていました。

私が勤めていたお店はチェーン店ではなく個人経営のお店だったので、売れば売るほど収入になる感じでした。この記事では、弁当屋のバイトの魅力と、応募前に知っておくべきポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:約800円
勤務時間:週2〜3日(土日祝日限定)、1日5〜8時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

私は若かったですが、周囲は40前後のおばちゃんばかりでした。娘に近い年齢だったこともあり、みんな優しかったです。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
□3年以上6年未満 ■6年以上 □なんとも言えない
男女比 ■女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 ■40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 ■既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人
□11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  ■超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

お弁当屋でアルバイトする魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

お弁当屋のバイトは、好きな材料でオリジナル弁当を作り持ち帰れること

お弁当屋のバイトで何よりも魅力だったのは、自分で好きな材料を選んでオリジナルのお弁当を作り、それを家に持ち帰ることができたことです。

うなぎやトンカツなど、ちょっと原価が高いものはダメ、とか多少の制約はあったものの、ほとんど自由に何でも持ち帰ることができました。

ちなみに、よくハンバーグや唐揚げ、コロッケやメンチカツなど全部乗せのオリジナル弁当を作っていました。
それが毎回ですから、食事に困ったことはありませんでしたね。

時給はかなり安いですが、それほど重労働ではないですし、しかも食費も浮くということで、実家にいておこづかい稼ぎ程度でアルバイトしていた私にはとても助かりましたよ。

お弁当屋のバイトは、シフトの融通が利きやすい。休む理由も正直に「遊びたい」で許された

個人経営のお店なので、何についても融通がきくところが最高でしたね。

毎週アルバイトのシフトは入れていましたが、高校生なので、やっぱり週末は友達とお出かけしたいな~と思うことも多々あったんです。
そんな時は、一緒に仕事をしていたオバチャンに事情を話すと、「あーいいよいいよ、行ってきなさい!」と快く送り出してもらえて嬉しかったですね。

もちろん普段の仕事をマジメにこなしていたからこそですが、たまにはそんなことも許してもらえたので良かったです。

一番良かったのは、嘘のサボる理由を言わなくていい気楽さですね。
遊びに行きたいからと正直そのまま言っても、受け入れてもらえるユルさが気に入っていました。

お弁当屋の『バイト』を検索してみる
お弁当屋の『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

お弁当屋のアルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

お弁当屋のバイト。あなたはゴ◯ブリに遭遇しても大丈夫??

お弁当屋さんの売り子なんて誰でも出来るし楽チンだろう、と思う人が多いと思います。
まぁ実際そうなんですが、お金を扱う仕事ですから間違いがあってはいけないし、伝票や発注の管理などの細かな作業もありました。

けれど、一番気を付けておいたほうがいいことはそんなことではなくて、他のことなんですよね。

それは、虫です。

虫といってもあれですよ、皆さん大嫌いなゴ◯ブリのことなんです。

レストランの厨房などの仕事でもあるあるかと思いますが、食材を扱う・水を使う・油を使うとなると、絶対に避けることはできないのがゴ◯ブリです。

実際隙間などにワサワサいましたし、私も虫嫌いなので背筋が凍る思いでした。
ゴ◯ブリが全然問題なければいいですが、そうでない人は覚悟しておいた方がいいです。笑

建物やキッチンの清潔さをチェック。虫が苦手なら個人経営よりチェーン店の方がいい

私のいたお弁当屋さんは、チェーン店のような新しい建物にある近代的で綺麗なキッチンではなくて、昔ながらの古~い建物で営業していたんです。

ですから、一般的なお弁当屋さんやレストランの厨房などよりも、ゴ◯ブリはたくさんいたと思います。
どちらかと言えば、中華料理店やラーメン屋さんに近いでしょうか。床が油でヌルヌルしやすいような状態だったんですよね。

なので私の仕事の大半は、お弁当作りや接客よりも掃除がメインでした。
とにかく衛生状態をよく保たなければいけないですし、少しでもゴ◯ブリを減らす努力する必要があったからです。

もうずーっとあちこちシュッシュしたり拭いたりと、掃除ばかりしていましたね。
おかげで、若いのにかなり手荒れしてしまいましたよ。

そういう仕事が苦手な人は、個人経営のお店よりチェーン店の方がオススメです。
・・・というか、面接に行った時に、まずはキッチンの清潔さとかをチェックしてみた方がいいです。

お弁当屋のバイトは料理と接客が好きで、虫に強い人に向いている

お弁当屋さんには、一度来店するとその後も何度も来てくれるお馴染みさんがたくさんいたので、バイトを通して顔見知りがたくさんできた点がよかったですね。

お馴染みさんになると、色々と大きな注文もしてくれるようになるので、経営的にもとても助かりましたよ。

ただ一度、運動会シーズンにお馴染みさんのパーティーがかぶって、オードブルをたくさん注文されたときは本当に大変でした。

もう息をつく暇もないほど、ずっと揚げ物ばかりしていた思い出があります。

けれど、終わったあと数日してから、そのお馴染みさんがお土産を持って訪ねてきてくれたんです。
「パーティーの戦利品だよ~」なんて言っていましたが、デパ地下の高級なお菓子で、すごく嬉しかったのを覚えています。

お弁当屋さんのバイトは、料理をするのが好きな人が一番ですね。また、常連さんが多くなるので人と対話するのが好きな人にオススメですね。若い人からオバチャンまでOKだと思います。

あと、できれば虫に強い人がいいですね。笑

お弁当屋の『バイト』を検索してみる
お弁当屋の『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『焼肉屋のバイト』では“ポッチャリ体型”がチャームポイントに♪大きな声で元気にい...

『スーパーのレジ係』はだれでも気軽に挑戦しちゃお♪常連さんとのおしゃべりが楽しい...

『年末年始バイト(有名飲食店)』は高校生にもオススメ☆応募前に知っておきたい2つ...

『ハンバーガーショップのバイト』で花嫁修行?!経験者が語る、仕事の魅力と知ってお...

『ケーキ・洋菓子店アルバイト』は試食がやめられない☆応募前に知っておきたい2つの...

『スーパーの野菜売り場アルバイト』は廃棄前の果物が食べ放題!ビタミン不足の心配い...