『百貨店内の和菓子屋アルバイト』は、本当に美味しいものを自信をもって販売できる☆百貨店ならではのメリットも♪

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、百貨店にある和菓子屋アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

贈答品を素早く包装することが得意なリサさん(24)歳にインタビューをし、百貨店内の和菓子屋の魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介いただきました!
それではリサさん、よろしくお願いします!



はじめまして、リサです。私は19歳から22歳まで、都内の百貨店にある老舗和菓子屋さんでアルバイトをしていました。

主な仕事は、レジ打ち、商品の包装、陳列、売り場の掃除などです。自分が本当に美味しいと思えるものを、自信を持って販売できるこの仕事は、とても楽しかったです。

この記事では、百貨店にある和菓子屋でアルバイトする魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:月収手取り3万円ほど。繁忙期は10万円くらい。
勤務時間:週5日、1日5時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:ちょっと大変

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

スタッフは年齢差が結構あり、いちばん近くても5歳以上離れていましたが、みんな仲良く働いていたと思います。忙しいし、スタッフは仕事には真面目な人が多かったです。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
□3年以上6年未満 ■6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23〜29歳 ■30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
■なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない
仕事を見つけた方法 □ハローワーク □新聞広告・フリーペーパー □求人サイト・アルバイト情報サイト □転職エージェント □店頭チラシ □学校の紹介・学校内の貼り紙 ■知人の紹介 □その他

百貨店にある和菓子屋アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

のし紙や冠婚葬祭などの一般常識がみについて、結婚してから役立つ。

百貨店で購入されるお客様は、やはりギフト用のことが多かったので、のし紙や冠婚葬祭などの一般常識が身についたところが良かったと思います。

百貨店で合同の研修があり、合格しないと売り場に立てないなど厳しかったですがとても身になったと思います。
結婚してから親戚づきあいでお歳暮やお祝い、お祝い返しなど贈り物をしあうことが増え、その際には主人から頼りにされています。

また、ギフト包装もできなければならなかったので、一生懸命練習しました。

社会人になって就職してから、突然お客様から包装してほしいと言われたときにも、包装できるスタッフが私だけしかいなくて、この百貨店でのアルバイト経験が活かして綺麗に包装し、お客様に喜んでいただけました。

他のお店の商品も含めて、お客様に売れなくなった商品を無料でいただける。

百貨店内の他のお店のスタッフさんと仲良くなると、そのお店の商品をもらえることが良くありました。

基本的には賞味期限が当日までのものとか、お客様に売ることのできない部分とかそういったものなのですが、百貨店に入るお店のものなのでどれも美味しかったです。

クリスマスケーキなどのイベント用の商品を出す日の閉店後には余ったケーキが3個ももらえたこともありました。

また、バウムクーヘンを目の前でカットしてくれるお店があったのですが、そこのバウムクーヘンは上下の端を切り落としてからお客様に提供していて、その残った端の部分をもらったこともありました。普通に買うことのできない部分なので、レアな経験だと思います。

百貨店にある和菓子屋の『バイト』を検索してみる!

百貨店の和菓子屋『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

百貨店にある和菓子屋アルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

年末年始は忙しく、基本的に休めない。休みたい人は、採用面接のときに交渉しておこう。

百貨店の和菓子屋は、繁忙期は本当に忙しいです。お歳暮などの配送をたくさん引き受けることになるので、遅番の人はかなり長時間の残業になることもあります。

9時に閉店した後、閉店作業と配送品の準備などで12時を超えてしまったこともありました。

また、年末年始は基本的には希望のお休みは取れませんでした。
ただ、面接の時点でシフトに入れないことを了解の上で採用になっていたスタッフは年末年始に長期で休んでいたので、事前に相談することが大切だと思います。

私の勤めていたお店は、年末年始に働くと少しですがアルバイトにも特別手当が出たので、嬉しかったです。また、初売りと福袋が終わればお休みをいただけたので、お正月が明けてから帰省もできました。

社員割引で、百貨店に入っている別のお店の商品もお得にGETできる!

百貨店では、社員販売でお菓子やお惣菜など美味しいものが安く手に入りました。

着替えるロッカーの前に社員販売スペースが設けられ、日替わりでいろんなお店が割引された商品を販売していました。

百貨店の商品は美味しいけど高くてなかなか手が出ないので、おいしそうなものが社員販売で売られている時にはついつい買ってしまいましたね。

また、他のお店で通常の買い物をする時も、スタッフに知り合いがいればおまけしてくれることもありました。

また、私は利用しなかったので詳しくないのですが、食品以外の社員割引もあったようで、百貨店の入館証を提示すると割引になったようです。

常に割引される店舗と期間が決まっている店舗がありましたが、結構多くのお店で実施されていたようです。


百貨店の和菓子屋さんは、人と関わるのが好きな人に向いている。

このバイトは、お客さんやスタッフ同士など、人とたくさんお話できるのが楽しかったです。

同じお店のスタッフは、年こそ離れていたもののなぜか話がよく合い、暇なときはよく趣味や日常の他愛ないことをおしゃべりしていました。

接客業をずっとやってきたきたスタッフばかりだったので、みんな話が上手で聞いていてすごく面白かったです。

また、お客様がどんなお品物を求めているのかを引き出すために、お客様とも積極的にお話するようにしていました。お客様の要望は本当にさまざまなので、できるだけご希望に添えるように提案をしていくのですが、自分のお店では対応できない時もあります。

そんな時は他店を紹介したり、百貨店の外まで案内することもありました。お店の利益になることではありませんが、これもサービスのうち。お客様から「ありがとう」と言ってもらえると「頑張って良かった!」と思いました。

百貨店の和菓子屋さんは、人と関わるのが苦ではない人なら十分働けると思います。シフトなどはかなり融通してくれたので、不安なら先に確認すると良いです。

百貨店にある和菓子屋の『バイト』を検索してみる!

百貨店の和菓子屋『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『焼肉屋のバイト』では“ポッチャリ体型”がチャームポイントに♪大きな声で元気にい...

『ケーキ・洋菓子店アルバイト』は試食がやめられない☆応募前に知っておきたい2つの...

『スーパーの野菜売り場アルバイト』は廃棄前の果物が食べ放題!ビタミン不足の心配い...

『ハンバーガーショップのバイト』で花嫁修行?!経験者が語る、仕事の魅力と知ってお...

『パン屋のアルバイト』は若くて元気な女性にピッタリ☆応募前に知っておきたい2つの...

『喫茶店のバイト』は男性を選ぶスキルがUPする?!応募前に知っておきたい2つのポ...