『小学生指導の塾講師アルバイト』は子どもに教えながら自分も成長。子どもの“純粋な質問”に心が癒される仕事。

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、小学生指導の塾講師(理科と社会)のココがイイ!をご紹介します。

子どもが大好きで、小学生に社会と理科を教えることが得意なチエミさん(30歳)にインタビューをし、塾講師のバイトの魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!それではチエミさん、よろしくお願いします!



はじめまして、チエミです。私は19歳から20歳まで、小学生を指導する塾で社会と理科を教える講師アルバイトをしていました。主に小学5〜6年生を対象に教えます。

この記事では、小学生指導の塾講師アルバイトの魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました!

<私の働き方>
時給:1200円
勤務時間:週1日、1日3時間
必要な資格:特にありませんが、教員免許(あるいは免許取得中)であると有利
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

子どもがとてもかわいかったです。ある特定の人数の生徒を一人で教えていましたが、子どもたちはとても素直で、笑いが絶えませんでした。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満 □3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 ■どちらかというと女性 □男女比は同じくらい □どちらかというと男性 □圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23~29歳 ■30~34歳 □35~40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし) ■既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり) □なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) ■1人(自分だけ) □2~5人 □6~10人 □11人~20人 □21人以上
就職の難易度 □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 ■どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

小学生指導の塾講師アルバイトの魅力とは?

https://unsplash.com/

子ども達と接するのが面白い。「笑える」プラス「興味深い」で、新鮮な気づきを得られる!

小学生指導の塾講師アルバイトの魅力は、何より子どもたちがおもしろいことです。

それは、ただ「笑える」という意味での面白いもありますし、興味深いという意味での「面白い」もあります。

もちろん、子どもに勉強を教えるということは忍耐力が求められる仕事ですが、子どもの目線は大人と全然違うので、いつも新鮮な気付きが与えられます。

私は小学6年生の子達を教えていましたが、自分と世代が違うために、学校で習う内容も違います。

例えば社会では「ソ連」や「東ドイツ」と言ってもなかなか通じません。
その説明をいろいろ工夫して、なんとか子ども達に理解していただけるよう試行錯誤しながらの仕事でしたが、その過程こそがこの仕事の魅力ですね。

子どもたちが分かるようにいろいろ説明を工夫し、それを試し、時には「失敗!」と思いながら子どもたちに接することはとてもおもしろかったです。

自分が子どもの時は、授業を聞いてもよく分からないことなどありましたが、そのあたりも自分がどうして分からなかったのか?どんな教え方なら理解しやすいか?を考えて、
自分で工夫して「自分のやり方」を試すことができるという点は、とても面白かったです。

小学生指導といえども、授業の前には予習が必要。それは自分の勉強にもなる!

学校の指導要綱はどんどん変化していきますし、いくら自分が大学生や大人だといっても、だからと言って小学生や中学生の教科書に出てくる問題がすべて分かるとは限りません。

塾講師のバイトは、授業をする前に自分でもしっかり予習する必要があります。でもこれが、これがまた面白かったです。

参考書を眺めながら「そういえばこんなの勉強したなー」「教科書で見た覚えがある…」など、自分でノスタルジア(過去の思い出)に浸りながら勉強していると、時が過ぎるのも忘れてしまいます。

また勉強を始めると、私は教員免許を持っているはずなのに、自分がいかに覚えられていないかということも自覚でき、「こんなんでよく、生徒に教えようと思ったな~」と考えると、それも少しおかしく感じました。

子どもたちに「勉強しろ!」なんて言いながら、自分が覚えていない・・・というわけにはいかないので、先生の立場として、しっかり勉強しなければなりません。

それは大変なことでもありましたが、自分の知識が増えるし、教えるのが好きな私にとって、楽しい時間でもありました。

>> 塾講師の仕事を検索してみる >>

小学生指導の塾講師アルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://unsplash.com/

塾の講師には教員免許は必要ない。ただし、子どもに教える経験や資格をもっていると有利。

塾の講師になるのに必要な資格があるわけではありませんが、子どもを教えることに関して、経験や資格があると良いです。

アルバイトであり、いくら学校現場の教育ではないとは言え、やはり子どもを扱うことに慣れているということを証明できると有利です。

例えば教員免許がある、心理学を学んだなど。子どもの教育に関する知識を付けておくと採用されやすくなります。

もちろん、塾の現場では教員免許は必須ではなく、求人票を見ても「あればなおよい」という程度のこともあるので、
そういった経験や資格がない人でも、やってみたい人は挑戦してみるのもアリだと思います。
ある程度のレベルの大学卒(在籍)であれば、十分採用してもらえます。

資格にばかり頼り過ぎて、実力が全然ついて行っていないと元も子もないですし、資格がなくても子ども達に教えるのが上手な先生もいますしね。

面白い授業をすると、子ども達は目を輝かせながら集中して授業を聴いてくれます。
子ども達が全然集中してきいてくれない時は、「あぁ、私の授業って、下手なんだなぁ・・・」と落ち込んだりもしますが。

もし英語を教えたいと思うならば、英検やTOEICなど英語の資格も必要です。

塾講師のバイトは時給はいいけれど「授業以外の仕事=サービス残業」の覚悟も必要。

塾講師のアルバイトは一見、時給が良いように感じますが、前述したような自主勉強や授業準備などで授業以外にかける時間が多く、それはたいていサービス残業になります。

そのため、このバイトを選ぶならサービス残業があっても問題ないと思える人でないと務まりません。

例えば喫茶店だと時給800円程度ですが、勤務時間内しか働く必要はありませんよね。

しかし塾の場合は違います。

授業の準備や生徒からの質問対応など、授業の前後に費やす時間がとにかく多くなるため、時給がいくら高くても授業のために費やす時間をトータルで考えると、案外、割に合わない・・・?ということになり兼ねません。

しかしそれは仕方がないことですね。
子ども達はかわいいですし、まだまだ人生のスタートラインに立ったばかりで、これから人生を築き上げていく子ども達から投げかけられる質問を、無視するわけにはいきません。

授業前後の時間は確かに「サービス残業」ではありますが、しかし私にとって、それは楽しみでもありました(*´ω`*)

もしサービス残業はしたくないと思っている人は、塾の講師には向いていないと思います。

忍耐力があり、生徒の間違いも楽しみながら指導できる人に向いている

塾講師のバイトは、生徒からの『純粋な質問』や『間違い』がとにかく面白かったです。

笑ってはいけないのですが、ある日、小学6年生の男の子に「人間って多細胞生物?単細胞生物?」と聞かれた時には反応に困りました・・・(⌒-⌒;) ?

でもその子は、漫画で「この単細胞が!」というセリフを見て、本気で考えていたようです。いくら漫画とはいえ、間違ったこと書いちゃいけないなぁ・・・と思いましたね。笑

またある時は、江戸幕府第2代将軍「徳川秀忠」を「ひでちゅう」と読む子がいたりして、とても面白かった・・・。

このような生徒の間違いは、決して本人の前では笑ってはいけませんが、この時はもう、あまりの面白さに笑わずにはいられませんでしたww

小学生指導の塾講師をしていると、このような純粋な質問や間違いが楽しく、ある意味、癒されますね。

塾講師としての立場である私は、もちろん生徒が間違えないように教えるのが仕事なので、最初はこんな間違いをしていが子が、徐々にまともなことを言うようになる瞬間が好きでした。

この仕事は、何より忍耐力が必要です。
放っておいても一生懸命勉強に取り組む子は、クラスに一人いればいいほうで、9割以上の子ども達は勉強をしたくなくて、おしゃべりしたり、ふざけたりするのが普通。

そんな子ども達を、魅力的な授業で引き込むことができる、スキルと情熱を持った人が先生になってくれたら、どんなにいいだろうかと思います。

あと、子どもが繰り返す同じ質問にも、イライラせずに対応できる人が向いていますね。生徒の間違いも、むしろ楽しみながら教えられる人であれば最高だと思います。

>> 塾講師の仕事を検索してみる >>

関連記事

『ベンチャー企業の仕事』は、刺激を求めて新しいモノ作りを目指す人に向いている。精...

『小学生向け家庭教師』は、いかに子どものやる気を引き出すかで勝負!余計な人と関わ...

『小さな遊園地のアルバイト』は子供好きな人にピッタリ!安全を守る知識も身について...

『銭湯の受付アルバイト』は、洗濯物の香りに癒される。お風呂やサウナ無料の特典もう...

『新幹線内の清掃の仕事』は驚くような忘れ物を発見できる!仮眠が取れて仕事も楽ちん...

『テーマパークのバイト』はいつもと違う自分になれる別世界☆応募前に知っておきたい...