『ハンバーガーショップのバイト』で花嫁修行?!経験者が語る、仕事の魅力と知っておきたいポイントとは?

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、ハンバーガーショップのココがイイ!をご紹介します。

ハンバーガーショップで働く事で、人見知りを克服し、お客さんと話すことが大好きになった(ハナエ)さん(49歳)にインタビューをし、バンバーガーショップでの仕事の魅力と、勤務先を選ぶときのおすすめな選び方を2つご紹介いただきました!
それではハナエさん、よろしくお願いします!


はじめまして、ハナエです。私は30歳から33歳まで、ハンバーガーショップでパートの仕事をしていました。

この仕事は、いかに早く、正確な商品をお客様に提供できるかという、スピードと正確性が求められる仕事です。この記事では、ハンバーガーショップの仕事の魅力と、勤務先を選ぶときのポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:800円 月収手取り約9万円
勤務時間:週5日、1日6〜7時間
必要な資格:特になし
勤務形態:パート
仕事内容の大変さ:かなり大変

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

平均すると20歳代の社会人が一番多く働いていましたが、それでも高校生から70歳代までと、幅広いスタッフがいる職場でした。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 ■23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 ■未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人
□11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

ハンバーガーショップの仕事の魅力とは?

https://unsplash.com/

ハンバーガーショップは、料理・掃除など、家事で役立つスキルも身につく。

手作りがメインのハンバーガーショップだったので、仕事内容は、野菜を洗い既定の大きさに切る仕込みからです。

これは、主婦として培ったキャリアを生かす事が出来たので、職場に早く順応する事が出来ました。

サラダの盛り付け方について、今まで知らなかった美味しく見せる盛り付け技法を学ぶことができたり、美味しくハンバーグを焼く料理テクニックを身につけることができたりと、学んだことを家でも活用して家族に喜んでもらえたのが嬉しかったです。

また、衛生面では特に気を使わなくてはいけない職場だったので、正しい手の洗い方、掃除の仕方などの裏技を勉強する事が出来ました。

このように、仕事を通して学んだことを、家に帰ってから普段の生活に役立てることは、この仕事の魅力だと思います。花嫁修行にもオススメです。

ハンバーガーショップのバイトは、幅広い年齢層の人々と出会い、将来まで役立つ接客技術を学べる。

私が働いていたお店では、高校生のアルバイトが多く働いていて、普段出会う事のない若い世代の人と仲良くなりました。

今まで知らなかった若い世代の考え方を知る事が出来て、自分にとって刺激になりました。

また、お客さんは小さな子供から年配の人まで色んな人が来られるので、幅広い年齢層の人と出会う事ができますし、いろいろな年齢層の人に対する接客の仕方が勉強になります。

時々、お客さんにからクレームを受ける事がありましたがクレームに対応する事で、クレームに対する対処方法などを取得する事が出来ました。

接客に関して指導が厳しかったおかげで、他の職場でも役立つ接客技術を教えてもらう事が出来て、その後、違う所でパートをした時に役立ちました。

ハンガーガー店のバイトを検索してみる
ハンバーガー店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

ハンバーガーショップの仕事を選ぶポイントとは?

https://unsplash.com/

しょっちゅう求人が出ているバイト先には注意しよう

ハンバーガーショップの業界は、どのお店で働くかで働きやすさが違います。

働きやすい職場を選ぶには、そこのお店の求人がどの頻度で出されているかを基準にする事が大切です。

もし、求人の頻度が短期間で何度も行われているようなお店は、働きにくく人がすぐに辞めてしまうという事なので、辞めておいた方がいいです。
また、パートやアルバイトがメインの職場ですから、しっかりとした責任者がいるかも大切です。

もし、しっかりとした責任者のいないハンバーガーショップは、まとまりが悪く何かトラブルがあった時に責任のなすりつけあいになってしまうので選ぶ時に、責任者がどんな人かもよく見る必要があります。

まずはお客さんとして行く。お店の雰囲気やスタッフの表情がいいかチェックしよう。

ハンバーガーショップで働く場合には、働こうとするハンバーガーショップに行ってみて、働く人の雰囲気を客観的見てみるとそのお店で働く人が、どんな人柄の人達なのか知る事が出来ます。

もし、みんなが笑顔で働いているお店ならそこで働いても同じように笑顔で働く事が出来ます。

でも、お客さんとして行った時に、スタッフが他のスタッフの事を意識しすぎていたり、顔色を窺っていたりしていたりお客さんの目の前でスタッフが怒られているようなハンバーガーショップは、人間関係が上手く行っていないのでやめた方がいいです。

どこでも、同じですが働く場所は人間関係が一番大事ですから人間関係を知る事は大切だと思います。


ハンバーガーショップのバイトは、明るく笑顔で接客できて、クレームにも負けないタフな精神を持っている人に向いている

新しいハンバーガーの発売前、1人1個づつ練習で作ってそれを試食する事が出来ました。

あくまでも“練習”ではありますが、自分で食べるために作り試食できることに、みんなテンションが高くなり、ワイワイ色んな話をしながら作っていました。

さらにその時には、店長が気を使って飲み物をご馳走してくれたので、まるでみんなでプライベートで集まって外食をしているような、そんな和やかさがありました。

普段は、緊張した職場だったので、試食の時がとても楽しい時間でした。

私が勤めていたお店では、外国人のお客さんも多くいらっしゃり、その中の常連さんと仲良くなって、世間話をすることもたびたびありました。
ハンバーガーショップに来るお客さんは意外と店員との会話を楽しむ人が多く、最初は話しかけられることに戸惑いを感じましたが、次第に楽しいと感じるようになりました。

私はそれまで、自分が人見知りタイプだと思ってたところがあるのですが、小さな子供からお年寄りまで幅広いお客さんと会話をする事で、知らない人と会話をする面白さを知りましたし、今では「接客が得意です」と胸を張って言えるほどに成長しました。

おかげでハンバーガーショップを辞めた後も、他の仕事先で接客スキルを活かすことが出来て、上司に褒められることが多くあります。
人と関われるハンバーガーショップは、接客という仕事を学ぶには最高の職場だと思います。

この仕事は、明るい性格でお客様といつでも笑顔で話せる人に向いていると思います。

私が働いていた時は、10代から70代の人まで働いていたので、年齢はそんなに意識する必要はありません。「自分はもうこの年だからむり・・・」とか思う人はダメです。

また、接客業はクレームも多くありますので、クレームを言われてもその事に負けずにクレームをバネに出来るぐらいの精神的な強さは必要だと思います。

ハンガーガー店のバイトを検索してみる
ハンバーガー店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『餃子の王将のアルバイト』は子どもが喜ぶ顔が見られる職場☆応募前に知っておきたい...

『観光地にある和菓子屋バイト』は芸能人に会える穴場スポット☆向いている人の2つの...

『大手ハンバーガーチェーン店クルー』は年齢なんて関係ナシ☆職場選びの2つのポイン...

『スーパー品出しアルバイト(青果)』は青虫がヘッチャラな人がいい。応募前に知って...

『ウェイトレイスのバイト@競馬場』はあっけらかんとした環境がいい☆騒がしいのが好...

『焼肉屋のバイト』では“ポッチャリ体型”がチャームポイントに♪大きな声で元気にい...