『高校生向け家庭教師アルバイト』は受験戦争を乗り越えた大学生に最適!!成績が上がる嬉しさを共にしよう。

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、高校生向け家庭教師アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

勉強することが好きで、勉強の“コツ”を生徒に教えるのが得意なアカネさん(35歳)にインタビューをし、高校生向け家庭教師アルバイトの魅力と、求人に応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!
それではアカネさん、よろしくお願いします!


はじめまして、アカネです。私は19歳から22歳まで、高校生向け家庭教師のアルバイトをしていました。

私がやったのは、家庭教師派遣の会社に登録しておいて、紹介のあったご家庭に行くスタイルです。この記事では、高校生向け家庭教師の魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:約2000円
勤務時間:週2〜3日、1日2時間+ファックスで質問受付
必要な資格:特になし。ある程度の大学に在籍、または卒業していることでしょうか
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

私の場合はまず、家庭教師派遣会社の事務所に行って面接や登録を済ませ、その会社から連絡のあったご家庭に教えに行っていました。派遣会社は、ビルのワンフロアに入っていて、不動産会社のオフィスのような雰囲気だったのを覚えています。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい ■どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 ■22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) ■1人(自分だけ) □2〜5人 □6〜10人
□11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

高校生向け家庭教師アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

家庭教師アルバイトは何と言っても時給が高い。高校生向けは、中学生向けの1.5倍も!

家庭教師のアルバイトの魅力はなんといっても時給が高いことでしょうか。

私が学生当時で時給千円越えはなかなか魅力なものですからね。私が登録していた派遣会社では、中学生向けが時給1300円くらい、高校生向けだと2000円くらいでした。

中学生向けだと、それほど難しくないので、ちゃんと勉強してきた大学生であれば予習なしに教えられます。

高校生対象ですと中には難しい問題もありますが、時給2000円で働くことができるので非常に魅力的だと言えるでしょう。つい一年前まで大学受験の勉強をしていた・・・という大学生ならば、全然難しくないはずです。

また「本業である勉強が忙しくて、アルバイトの時間がなかなか取れない ><;」という学生にはなおのこと、家庭教師のアルバイトは魅力だと思います。家庭教師は、大学が終わって夜間でできるアルバイトですから。

それに実家暮らしならば親の車を借りて、家庭教師として派遣される子の家にいけるので、通勤も比較的楽だといえます。そこも家庭教師バイトが長続きした理由でしょうか。

勉強を教えて、成績が上がっていくのを生徒や親御さんと一緒に喜べるのが嬉しい!

家庭教師アルバイトのもう一つの魅力は、やっぱり「教えるのが楽しい」ということもありますね。

自分が教えたことによって、相手が理解をしてくれる。そしてテストの成績としてきちんとでてくるということにも、大きなやりがいを感じていました。学校での順位が上がるたび、生徒や親御さんと一緒になって喜びました。時には「お祝い^^」と言って、豪華なお菓子の詰め合わせをいただいたこともあります。

ただ、私が受け持った子はわりと勉強に対するやる気があった子ばかりでしたので、「家庭教師のアルバイトが楽しい」と思えたということも否定することはできませんね。

他のアルバイトの子で「子供自身が勉強する気が全くなくて、課題をちっともやっていない」という苦労をしている子もいましたから。

やる気のある子に教えるのは楽しいけれど、そうでない子には苦労するとは本当のことだと言えるかもしれませんね。

家庭教師のバイトをまとめて検索!

高校生向け家庭教師アルバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

家庭教師アルバイト派遣に登録しても、ある程度の大学に在籍していないと仕事が見つからない恐れあり。

家庭教のアルバイトをするために必要なことはとくにないようにも思いますけれど、強いていえば偏差値高めの大学に在籍もしくは卒業生であるということですね。

田舎ならば地元国立大学かそれに次ぐ大学ならば、家庭教師の派遣先もたくさんあるといえます。

一応、登録は誰でもできるんですよ。

しかし偏差値が低めの大学ですと生徒がつかないのですよね。そうなると、開店休業状態で登録はしているけれど家庭教師の派遣先がない・・・という状態です。
当たり前ですけれど、ちっともアルバイト代は入りませんから。

生徒がつかない時は、高校生向けじゃなくて中学生をターゲットにすると良いかもしれません。時給は下がりますが、開店休業状態よりはマシかな。

また、履歴書については、特別変わったことを書かなければたいてい採用されると思います。

実は家庭教師は「車の運転が可能か?」がポイントになることが多い

家庭教師のアルバイトをするにあたって、「運転できる車があるかどうか(車通勤可能かどうか)」も地味に大きなポイントでしょうか。

家庭教師の派遣先は一般家庭ですから、必ずしも「駅近」ではないわけです。どちらかといえば駅の近くに住んでいる家は滅多になくて、車でないと行けないところの方が多いと言えるかもしれませんね。

ですから面接時には必ずと言ってもいいほどに「車で行ける?」といったことも聞かれます。実家の車が使えないにしても、場合によっては会社の車を貸してくれます。ですから運転免許は必須でしょうか。

もちろん運転免許がなくても採用はされるのですが、しかしなかなか生徒がつけてもらえなかったりもします。

家庭教師アルバイトは、勉強が好きな人に向いている。実際にやってみて、自分に「人に教える能力があるか?」を判断しよう

家庭教師のアルバイトをしていて楽しかったことはといえば、やっぱり生徒の成績のことですね。

私が家庭教師に入ってから、それまでは200人中で30番台が最高順位だった高校2年生の子が、私が教え始めたら10番台に上がりました。そして最終的には10番以内に入りましたからね。

これはもう、家庭教師をしていても「やったー!」というものでしょう。大きなやりがいを感じましたよ。もともと勉強ができないという子ではなかったものですから、勉強のコツ的なものを教えたのも大きかったかもしれませんね。

それで成績が面白い具合に伸びていきましたので、家庭教師冥利につきるというものでしょうか。

私はもともと勉強がわりと好きでしたので、家庭教師のアルバイトも向いていたのだと思います。得意というか、勉強はコツがあるので、それを伝授してそして家庭教師をしている子の成績が上がったのでとても面白かったです。

友人の中には、勉強はできるんだけど、自分の「感覚」で勉強しているので人に説明するのが難しい・・・と悩んでいる人がいました。確かに、自分が勉強することと、それを言葉にして人に伝えるのは別の能力が必要です。

でも、自分に「人に教える能力があるか否か」は実際に教えてみないとわからないところがありますね。

ですからやはり、家庭教師のアルバイトには「勉強が好きな人」もしくは「勉強が好きだった人」が、とりあえずは挑戦してみると良いと思います。もし、自分は勉強は好きだけれども人に教えるのは無理だと気づいたら、それはそれで一つの収穫ですから。

家庭教師のバイトをまとめて検索!

関連記事

『模試の採点アルバイト』は自分が試験を受けている錯覚に陥る?!応募前に知っておき...

『インターネット回線の訪問販売(個人向け)』の仕事の魅力と職場選びの2つのポイン...

『小さな遊園地のアルバイト』は子供好きな人にピッタリ!安全を守る知識も身について...

『子ども絵画教室の講師』の仕事の魅力と、職場選びの2つのポイント

『銭湯の受付アルバイト』は、洗濯物の香りに癒される。お風呂やサウナ無料の特典もう...

【リゾートバイト】ペンション短期バイトは楽しみながら稼げちゃう♪仕事先を選ぶ2つ...