『デイサービス(通所介護)の仕事』はレクリエーションを充実すればよかったんだ☆応募前に知っておきたい2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、デイサービスの仕事のココがイイ!をご紹介します。

レクリエーションで高齢者を楽しませることが大好きなカヨコさん(43歳)にインタビューをし、デイサービス(通所介護)での仕事の魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!
それではカヨコさん、よろしくお願いします!



はじめまして、カヨコです。私は40歳から42歳まで、デイサービスで補助業務の仕事をしていました。

補助業務の内容は主に、掃除洗濯とレクリエーションの担当です。介護の資格は、ここで働き出してから取りました。この記事では、デイサービスの仕事の魅力と、応募前のポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:800円
勤務時間:週1〜3日、1日5時間
必要な資格:特になし。保育士の経験によって優遇された。
勤務形態:嘱託職員
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

私が勤めた施設はとても暖かい雰囲気があり、ギスギスしていない働きやすい職場でした。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
■3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23〜29歳 ■30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
■なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) □2〜5人 ■6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

デイサービスの仕事の魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

高齢者を楽しませることと、子どもを楽しませることは同じ。やりがいが大きい。働きながら介護の資格も取得した。

私が勤めたデイサービスでは経営者の人の考えが非常に柔軟で、私は介護の補助業務(主にレクリエーション担当)ということで雇われました。そういう立場の人を雇うのは、施設にとって新しい試みだったそうです。

私はもともと保育士をしていたこともあり、子どもを楽しませるのが大の得意です。

そして、人を楽しませるという意味では、子どもも高齢者も関係ありません。子どもも高齢者も、自宅から施設にやってきて、一定時間を共に過ごすという意味では全く一緒です。デイサービスでの仕事は、自分の経験や知識が充分に活かせていると感じていました。

デイサービスの仕事に慣れてからは、利用者一人一人と関わり、それぞれの話をじっくり聞いたり、個人に合った遊びをしたりと、自分自身の支援のあり方に合った仕事をやらせてもらえたのでとても充実した日々でした。

また、職員の方々も、レクリエーション担当という私の存在を大事に考えてくださっていることが伝わってきたので、人の役に立てているのだという実感があり、非常にやりがいを感じて楽しかったです。

私が施設内のあちこちで楽しい遊びをし、高齢者を楽しませることで「施設全体が明るくなった」と言っていただけました。

利用者や職員に求められて働いていることが本当にありがたかったです。
そして更に研鑚を積むべく勉強し、介護関連の資格も習得することができたのが良かったです。

介護の現場は厳しい?人間関係がよければ仕事は楽しく、ずっと続けたくなる。

「介護の現場は厳しい」とよく言われますが、それをわかっていても、志をもってこの仕事に就く人がいます。

しかし、そんな志をもった人々が、介護職の業務そのものよりも、職場の人間関係や勤務形態などのストレスで忙殺され、この仕事への希望が失われて辞めていってしまう人が多いのが現実です。
仕事自体に魅力を感じても、実際に働き始めれば“仕事そのもの以外”のストレスがいかに多いかを知ります。

一方で私は、デイサービスの仕事を経験し、職場環境が良好であれば何とか続けていけるのを感じました。

幸いなことに私が勤めたデイサービスでは、職員に「心のゆとり」があるせいか苛立っている職員が少なく、先輩風を吹かせる人もいないので、若い職員がのびのびと働いていました。
和やかな雰囲気は利用者にも伝わり、私のような立場の嘱託職員にも優しくできるのだと思います。

決して「介護の仕事の全てが厳しいわけではない」ことを、多くの人に知ってもらいたいですね。

介護の仕事『首都圏エリア』をエージェントに紹介してもらう!

介護の仕事『地方の求人』をエージェントに紹介してもらう!

デイサービスの仕事 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://unsplash.com/

同業者の友人知人から情報を聞く、ネットの口コミを見てみるなど、情報収集をしっかりすることが大事。

デイサービスでの仕事を含め、『介護職』という観点でいうと、就職活動をしながら様々な情報を集めておくことが大事になります。

具体的には、同業者の友人知人の情報にアンテナを張っておくことと、ネット等の口コミのようなものも見ておくことです。
ネット情報はすべてを真に受けるのではなく、嘘と誇張があることも踏まえつつ、時には本当の情報もあったりするので自分なりの判断が必要です。

また、頻繁に求人が出ている所はやはり要注意です。
そこで働く人の出入りが激しいということですから、それだけでも職場に問題があると言えますので、給料や待遇面に惹かれて安易に応募するのは控えた方がいいと思います。

実際に勤めてみると、給料をはじめとした労働条件も過酷で、求人票と違っていたというトラブルも多くあります。

ぜひ、情報収集は手を抜かず、時間をかけてしっかりとやってください。

応募の前に、まずはその職場に行ってみる。実際に足を運んで得られる情報は大きい。

応募を検討する時は、まずは実際に、その職場を見に行くことをおすすめします。
採用されれば毎日通う所になるので、事前の確認はとても大切です。

実際に自分の足で行ってみることで、いろいろなことが見えてきます。
通勤にどれぐらいの時間がかかるのか分かりますし、想像よりも行きづらい場所だったり、バスの本数が少ないことがわかったり。求人票だけでは気づかなかったようなことが、いろいろと分かったりします。

電車やバスで通勤することになるなら、必ずその交通手段を使って行ってみてください。働き出しらた電車通勤なのに、下見は自分の車で行く・・・なんてことをしても、通勤の大変さなどが分からないので。

また、何度か職場を変えた人から見れば、中に入らなくても外見だけでもチェックポイントがあると思いますので、自分が一度も見たことのない職場であれば、特におすすめです。

もちろん、事前に施設のホームページを見ておくのも重要です。
実際に行ってみると、ホームページの印象とは違っていたり、ホームページには新設のような写真が載っていても、実際は老朽化していた・・・なんてこともあります。

デイサービスの仕事は、人の立場に立って、自分と違う価値観を認めることのできる人に向いている

デイサービスに勤めて1年近く経ったある日、職員の方が私のサプライズ誕生日パーティを開いてくださったことがありました。利用者の皆さまにも伝えて、施設全体でお祝いの席を作ってくれたのです。

利用者さんお一人おひとりからは順番にメッセージをいただき、プレゼントもいただきました。
メッセージには「私のことをそんなふうに見てくれているんだ」と思わせるようなものがたくさんあり、私は聞きながら泣き続けていました。

全く予期せぬ出来事に、私はとても驚いて大感激し、涙が止まりませんでした。

皆さまが笑顔を向けて下さり、とても温かい雰囲気で感謝でいっぱいのひとときでした。

プレゼントには職員の皆さまからのメッセージもあり、それを読んで更に感動し、もう大変。泣きっぱなしでメイクは崩れ、ひどい顔になってしまいました。笑

その日は本当に素敵な、嬉しくて楽しい誕生日となりました。

デイサービスを含む介護の仕事は、人を支える仕事ですので、自己顕示欲の少ない人、人の立場にたって考えることができる人、自分と違う価値観を認めることができる人が向いていると思います。
この仕事は年齢や性別ではなく人柄です。人に悪影響を与える人は職場環境を悪化させますし、利用者にとって良くありません。人柄さえよければ、10代でも60代でも関係なく活躍できる仕事です。
介護の仕事『首都圏エリア』をエージェントに紹介してもらう!

介護の仕事『地方の求人』をエージェントに紹介してもらう!

関連記事

『臨床心理士の仕事』は患者さんとのお花見やクリスマス会も立派な仕事。自分で企画・...

『子ども絵画教室の講師』の仕事の魅力と、職場選びの2つのポイント

『クリニックの医療事務』は患者さんと笑顔で触れ合える場所。アットホームな環境で楽...

『看護助手の仕事』は医療の現場を体験できちゃう!人生の学びも多い、特殊な職場。

『内科の看護師』はお給料もよく、患者さんから感謝されるサイコーの仕事☆

『有料老人ホームの看護師』は責任感とやる気がグングンUP!病院に馴染めない人こそ...