『スーパーのレジ係』はだれでも気軽に挑戦しちゃお♪常連さんとのおしゃべりが楽しい!

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、スーパーレジ係の仕事のココがイイ!をご紹介します。

今回、仕事をご紹介くださるのはお二人。

贈答品の包装が得意なケイコさん(41歳)とミスなく高速でレジ打ちするのが得意なミユさん(20歳)です。お二人にインタビューをし、スーパーレジ係の仕事の魅力と、勤務先を選ぶときのおすすめな選び方を2つご紹介いただきました!
それではまずケイコさん、よろしくお願いします!


ケイコです。32歳のときから約9年間、スーパーでレジ係や商品を並べる仕事をしていました。

スーパーでの仕事は採用されるハードルが低く、一旦勤めると長く勤務する人が多いのが特徴です。この記事では、スーパーレジ係の仕事の魅力と、仕事するお店を選ぶときのポイントをまとめています。

<私の働き方>
月収手取り:約10万円(時給800円)
勤務時間:週5日
必要な資格:特になし
勤務形態:パート
仕事内容の大変さ:ちょっと大変

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

私の勤め先は、地方にある小規模スーパーだったので、一緒に働くスタッフは一日5人程度と少なめでした。近所に住む既婚女性が多かったです。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
■3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ □圧倒的に女性 ■どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 ■35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
■既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 □21人以上

スーパーレジ係の仕事の魅力

https://unsplash.com/

スーパーのレジの仕事は、パートでも仕事が認められると“社員代行”になれる!

スーパーに来るお客さんはほとんどが常連さんです。長く勤めていると、中には私の事を気にいってくれるお客さんもでてきて、必ず私のレジに来てくれるなどひいきにしてもらいました。

仕事に慣れるとすごくスピードも速くなって、心に余裕を持った接客ができるようになり、社員さんに認めてもらえるようになりました。

そして社員さんが休みの時、代行を任せてもらえたり、新人さんの指導を頼まれたりと、やりがいがありました。もちろん、時給もあがりましたよ。
パートでもここまで認めてくれる仕事って、なかなかないと思います。

お盆や年末などの忙しい時も、段取り良くスムーズに仕事がこなせるようになりました。仕事を始めた頃と比べると、自分が格段に成長したと感じます。
この経験は、違う職場にいってもきっと役立つと思います。

スーパーのレジでパートすると、夕方に安くなった惣菜を一番に買える!

スーパーの仕事をするなら、夜の時間もおすすめです。それは、安くなったお惣菜やお弁当が優先して買えるからです。

私が勤めていたスーパーでは夜7時からお惣菜が安くなり、働いているスタッフも仕事の合間で、交代で買うことが出来たので助かりました。

スーパーによっては、スタッフが先に買うのは駄目といわれるところもあるかもしれませんが、私のところは上司の方が見て見ぬふりだったので、OKでした(笑)
一人暮らしの学生さんや、主婦にとっては魅力的な特権です。

また時々、新製品のパンの試食品を頂きました。
パンのメーカーさんから結構いただけるみたいです。

新製品のパンをいち早く食べることが出来るのも嬉しいですし、それを同僚の人と「あーでもないこーでもない」と勝手なことを言いながら食べるのがなかなか楽しかったです。

スーパーの『バイト』を検索してみる!
スーパーの『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

スーパーのレジ係の職場を選ぶポイント

https://unsplash.com/

スーパーレジ係は、時給UPの時間帯やUP率の高さをチェックしよう。

私が勤めていたスーパーでは、夜6時以降に、過給が25パーセント付く仕組みでした。時給が1.25倍になるなんて、地方のパートではなかなか無いんですよ!

昼間は時給800円なのが、夜には1000円になるなんてとっても魅力的です。
スーパーの営業時間は夜11時まででしたが、深夜ではないですし、この位なら体の負担も少なく続けられました。
昼間だと過給はつかないし安いんですよ。だからこの時間帯で働くのは、かなりお得でした。

スーパーのレジ係はもともと時給が低いので、やはり仕事場を選ぶ時は給料の高さ、もし過給が付く時間帯があれば、そのUP率の高さを確認して選んだ方がいいと思います。少しでも割の良い仕事に就いた方がいいですから。

過給の時給が積み重なると結構な額になるので、良く考えた方がいいですよ。

スタッフの年齢層や人間関係をみてみよう。

勤めるスーパーの規模によって働くスタッフの人数も違ってきますが、スーパーの規模が小さければ小さいほど(スタッフの数が少なければ少ないほど)大事になってくるのが『人間関係』だと思います。

もしもそこに意地悪な人がいたら、耐えられるのなら続けてもいいですが、駄目だと思ったらさっさとやめた方がいいです。
精神的にやられてしまうと、回復に長くかかってしまいますから。

また、スタッフの年齢層もポイントです。
やはり自分と同年代の人が働いているところを選んだ方がいいです。

私は、スーパーの求人に応募する前に、そこのスーパーへ何度か通って、買い物をしているふりをしながらスタッフさんの会話に耳を澄ませるなど、人間関係を知る努力をしました。

特にレジが混み合う夕方5時くらいの時間は、スタッフの人間関係がよくわかります。
人間関係がいいお店では、忙しくてもお互いに笑顔で声を掛け、助け合いながら仕事をしているのに、人間関係が悪いお店では、イライラピリピリした雰囲気になっています。

後者のお店は、買い物に行くだけならいいですが、働くのは避けた方が良いと思いますよ。

ある程度時間の融通が利いて、体力のある人に向いている

ある日、私が勤めていたスーパーで、社内のレジのコンテストがありました。
コンテストがあることは前もって知らされていなかったので、私は、評価員がお客さんになりきって店内にいることに全然気づきませんでした。

そのコンテストでは、レジのスピードや美しさ、声の出し方などが評価されていたのですが、嬉しいことに私もとても良い評価をいただくことができました。
優勝はしませんでしたが、入賞できたのですごくうれしかったです。
大した取り柄のない私でも、ちゃんと仕事で評価してもらえて感謝です。
毎日きちんとお仕事をしていてよかったと思いました。

私が勤めたスーパーでは、全体的に気さくな方が多く、仲の良い職場でしたので、すごく恵まれていたと思います。いじめも聞いたことがありませんでした。

レジ打ちの仕事は立ちっぱなしなので、見た目より結構体力を使います。時々、商品出しを担当することもあるので、この仕事は体力があり、足腰が強い人に向いていると思います。

また、できれば夜の時間にも勤務するとお給料が高くなるので、ある程度の時間の融通が利いて夜にも働ける人におすすめです。

スーパーの『バイト』を検索してみる!
スーパーの『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

ケイコさん、ありがとうございました。夕方に安くなったお惣菜を一番に買えるのは、主婦にとって魅力的ですね^^

それでは次に、ミユさんです。よろしくお願いします!



はじめまして、ミユです。私は18歳から2年以上、スーパーのレジの仕事をしています。現在、妊娠中のためお休み中ですが、いずれ仕事に復帰する予定です。

スーパーレジ係の仕事は業務が「レジのみ」のお店と、「レジ+品出し」のお店がありますが、私の場合はレジだけです。この記事では、スーパーのレジ係の魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました。

<私の働き方>
時給:980円 月収手取り15〜16万円
勤務時間:週5日、1日8時間
必要な資格:特になし
勤務形態:パート
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

スーパーではみなさんご存知の通り、主婦がたくさん働いています。私の周囲でも、お母さんのような年齢の人がほとんどですが、特別に困ったりすることはありません。基本的にレジは一人一人やるものですので、あまり関わることがないというのが実際のところ。女性が多い職場ですが、ギスギスした感じもなく和やかな雰囲気です。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
■3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 □23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 ■40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
■既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) □2〜5人 ■6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  ■超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない
仕事を見つけた方法 □ハローワーク □新聞広告・フリーペーパー ■求人サイト・アルバイト情報サイト □転職エージェント □店頭チラシ □学校の紹介・学校内の貼り紙 □知人の紹介 □その他

スーパーのレジのパートの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

仕事が簡単でだれにでもできる。飲食店で続かない人には是非すすめたい。

まず、率直に申し上げますとコツコツ同じ作業をするのが得意な方(好きな方)は、この仕事が楽しい、楽だと感じられると思います。

実際私もそうでしたが、本当にレジを打ってお会計をするだけなので誰にでもできます。
今まで他の仕事で体力がもたなかったり、気がもたなかったりした方でも本当に楽なので何と言っても続けられます!

実際私もそうでした。
学生時代は飲食店を転々としていましたが、最初からスーパーでやっとけばよかったと思っています。

品出しがあったとしても飲食店のようにすぐに食べる食べ物を扱ってるわけではないので、落としたらどうしようなどの余計な心配もないですし、重いものを品出しするわけではないので精神的にも楽です。

顔なじみのお客さんとおしゃべりしながらできる仕事。ストレス発散になる。

仕事しながらでも、地元のお客様や顔なじみのお客様が来ると話しかける、もしくは話しかけられるので話しながらレジを打ちます。

仕事で私語を話しながらしていい仕事はあまりないのですが、スーパーは私語OKというわけではありませんが、話すことが可能なので、お客様と話して気分転換にもなりますし、お客様が「今日これ安いわね〜。」と教えてくれるので退勤時に買い物するときに楽ですね。

仕事中に気分転換になるのは結構良いと思います。
「疲れたな。」などと考えながらやっても時間経つのが遅く感じると思いますしね。

実際私もそうでしたから。
また、話すことでストレスも解消されて、翌日の仕事も苦痛と感じることはあまりありません。

スーパーの『バイト』を検索してみる!
スーパーの『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

スーパーのレジの仕事 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

レジだけの仕事と、品出しも担当する仕事がある。どちらになるか、確認しておくべし。

スーパーの仕事といっても色々あります。

例えば、本当にレジだけの仕事の場合と、レジの業務に加えて品出しなどの力仕事も加わってくるスーパーの仕事もあります。

そのときにどっちが良いかと考えると、私の場合はもちろんレジのみです!
業務内容はほとんど求人サイトなどに書いてあるので、そこも注目してみては。

レジのみの仕事なのに最低賃金よりも高いスーパーももちろんあります。
業務内容と賃金を照らし合わせてみるのも大事ですね。

また近所のスーパーでしたら実際に行って買ってみて、店員さんがどんな感じなのか見てみるのも良いかもしれません。
店員さんが丁寧だったら上司や店長からちゃんと指示がいっているということなので、しっかりしているスーパーだと思います。

お給料はそこそこあるけど、業務は少ない。やりがいより体力温存を求める人にいい。

お金の話になりますが、最低賃金より高いのに他の仕事に比べて業務が少ないことです。

最低賃金だとしても他の仕事と比べてみてください。
最低賃金でもあれをやったり、これをやってりして体力的にも精神的にも参ってしまう仕事もありますよね。

それに比べてスーパーは最低賃金以上なのに業務が少ないということです。
私が働いているスーパーは最低賃金より高いので「最低賃金より高いのにこの仕事だけでいいのかな。」と思ったりもします。

やりがいにこだわる方は向いていないのかもしれませんが、体力重視したい方は続くのかもしれません。なので主婦さんは家のこともあるのでスーパーで働いている方が多いのかもしれませんね。

主婦だけでなく、部活で疲れた学生さんにも向いている。コツコツできる人ならOK!

スーパーでよくみる光景かもしれませんが、この仕事はやはり、お客様との会話が楽しいです。

スーパーのレジは基本混雑時以外は一人で入り一人で業務を行うので、同じ職場で同じレジで働いている方と話すことはあまりないですね。ですので唯一話すことができるのがお客様です。

地元のお客様や顔なじみのお客様だと気さくに話せるので、レジに慣れていればレジ打ちしながら世間話などもできます。

むしろずっとレジをやっているのですから、仕事中に楽しいと思うことはお客様との会話しかありませんね。笑

(中には“レジ打ち”の作業そのものが、とてつもなく楽しい!と感じる人もいるかもしれませんが。)

昨日来たお客様と続きのお話をするのは楽しいですよ。
「昨日言ってたアレだけどさ…」など。

スーパーは一見主婦が多いですが、正直誰にでもできる仕事なので「部活動で疲れたからあまり体を動かしたくない学生さん」なども向いていると思います。
コツコツ同じ作業をすることに慣れている方は、本当に楽に感じられるでしょう。

スーパーの『バイト』を検索してみる!
スーパーの『正社員』求人をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『喫茶店のバイト』は男性を選ぶスキルがUPする?!応募前に知っておきたい2つのポ...

『ラーメン屋のバイト』はファースト・バイトにうってつけ☆気軽に始められるのがいい...

『パン屋のアルバイト』は若くて元気な女性にピッタリ☆応募前に知っておきたい2つの...

『ケンタのバイト』は全国どこでも活かせるスキル☆応募前に知っておきたい2つのポイ...

『スーパー品出しアルバイト(青果)』は青虫がヘッチャラな人がいい。応募前に知って...

『焼肉屋のバイト』では“ポッチャリ体型”がチャームポイントに♪大きな声で元気にい...