『ケーキ・洋菓子店アルバイト』は試食がやめられない☆応募前に知っておきたい2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、ケーキ・洋菓子店アルバイトのココがイイ!をご紹介します。

ラッピングやPOPが得意なアヤさん(32歳)にインタビューをし、この仕事の魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介いただきました!
それではアヤさん、よろしくお願いします!


はじめまして、アヤです。私は18歳から21歳まで、ケーキと洋菓子を扱うお店でアルバイトしていました。

この仕事は接客スキルだけでなく、贈答用商品のラッピングや繊細なケーキの取り扱いで“手先の器用さ”を活かせる業界です。ここでは、このアルバイトの魅力と、応募の前に知っておくべきポイントをまとめました。

<私の働き方>
時給:約750円
勤務時間:週5日、1日5〜8時間シフト制
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:普通

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

オーナーと製造スタッフ男性でしたが、販売の方は20代の女性ばかりでした。主婦や学生など5〜6人のアルバイトスタッフがシフトを組んで交代で働いていました。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 ■1年以上3年未満
□3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 ■23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 ■未婚の学生 □未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人 □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  □超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 ■普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

ケーキ・洋菓子店アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

ケーキ屋のバイトは新商品のケーキ・洋菓子を試食できる。割引価格で買える。

やっぱりこの仕事の一番の魅力は、すべての新商品を試食できることです。

お店に並べるすべてのケーキや焼き菓子の特徴をお客様に説明できないといけないので、正社員、アルバイトに関係なく新商品が出たら必ず試食することができます。

製造の人とお話する機会も多いので、試食してみて、感想や要望などを伝えると、自分好みの商品が発売されることもあります。

また、商品のケーキや洋菓子を社販(社員割引価格)で買えるので、スィーツ好きな人には魅力ある仕事だと思います。

クリスマスケーキやバレンタインチョコなどは、人気の商品はすぐに予約でいっぱいになり、売り切れになることも多いですが、いち早く予約ができるので確実に手に入れることができます。

同僚も女性ばかりなのでとても話しやすく、あれこれ言いながら、ショーケースの配置など考えられてとても楽しいです。

ケーキ屋でバイトすると、かわいいラッピング技法を学ぶことができる!

ケーキやさんへ行くと、可愛くラッピングされた焼き菓子や綺麗に包装された贈答品を目にすることがあると思いますが、この仕事は、いろんなラッピング技法を一から教えてもらえます。

“キャラメル包み”や“回転包み”は、まず最初に教えてもらえる技法。これは、贈答用で基本的なきっちり見える包み方のことです。

また、“のし”についての一般常識や書き方も、このアルバイトで初めて知りました。
社会人として絶対に知っておきたい知識なのに、学校では教えてもらえないものなので、若いうちにケーキ屋さんでバイトしてよかった!と思いました。
習字を習っていた方や達筆な方は重宝されますよ。

基本ができるようになるとイロイロな材料を使ってかわいいラッピングをすることができるようになります。

さらに、ラッピングで評判がよかったりすると、今度は簡単なお店のディスプレイをまかされるようになります。

華やかな店内で、やりがいのある仕事ができるようになります。

自分の友達や知り合いへのちょっとしたプレゼントも、100均で購入してきた包装用紙を使って自分でラッピングして渡すことができるのも、このアルバイトをしてよかった点です。

ケーキ・洋菓子店のバイトを検索してみる

ケーキ・洋菓子店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

ケーキ・洋菓子店アルバイト 応募の前に知っておくべきポイントとは?

https://unsplash.com/

ケーキ屋バイトの履歴書は“接客好き”“手先の器用さ”“記憶力”をアピール

ケーキ・洋菓子店のアルバイトで書く履歴書には、とにかく接客が大好きで得意なこと、今までつくったものや趣味(手芸など)の器用さなどを、具体的にアピールすると印象が良いのではないかと思います。

またこの仕事は、記憶力も大事です。
ショートケーキ・ホールケーキ・プリン・焼き菓子の単価・セット価格の値段は全て暗記しなければいけません。

コンビニのようにバーコードで管理されていないので、スタッフが暗記した値段を一つ一つレジに打ち込んでいきます。
お客様からお金をいただくのに、金額を間違えてしまうと大変です。

しょっちゅう新作が発売されるため、そのたびに値段を暗記しなければならないので、記憶力に自信のある方はそのこともアピールすると好印象だと思います。

ケーキ屋はクリスマスが勝負!毎年12月〜翌年6月頃までは忙しく休みが取りズラい。

ケーキ屋さんでは基本的に、クリスマス前後は特に休みはとれません。

なので、クリスマスは家族と過ごしたい 、彼氏とデートしたいという人はよく考えた方がいいです。(朝から仕事をして、夕方から帰らせてもらうという手もありますけどね。)

さらに12月から翌年の6月頃までは、クリスマス、正月のお土産・贈答用、バレンタイン・ホワイトデーなどの大きな行事もありますし、ファミリー向けにひな祭りやこどもの日のスペシャルケーキや父の日・母の日用の特別なギフトの販売やラッピングなどバタバタと忙しい時期なので、希望の日に休みにくくはなります。

また年間を通して、基本的に『土日祝日』がお客様がたくさん来店される曜日です。

土日のお休みは、主婦の人が優先になることが多いかと思うので、学生の方や未婚の方は土日休みにするのは難しいことが多いことも、知っておいた方がいいです。

逆に、土日祝日は時給がupしたり、出勤できる人には優遇してもらえる可能性が高いです^^

もし仮に、土日にお休みが欲しいという人は、お店や店長の方針で違ってくるので、面接の時に聞いてみると良いかと思います。

また、営業時間によっては遅い時間までのシフトがあることがあるので、子供さんが小さい方は大変かもしれません。
その辺も、お店との交渉次第で大丈夫なこともあるので、ぜひ、面接の時に聞いてみてください。

接客が好きで、手先が器用な若い女性に向いている

ケーキ・洋菓子店では、お店全体が季節や行事ごとに飾り付けやディスプレイが変わって、そのたびに季節のうつろいを感じてとても楽しい気持ちになれます。

同じ商品のケーキでも、季節に応じて上に飾るデコレーションが変わるので、常に新鮮な気持ちで商品を扱うことができ、飽きるということがありません。

私が勤めていたお店では、商品の配置やお店のディスプレイなどもアルバイトスタッフに任せてもらえていたので、同僚のスタッフと話し合いながら「どうしたら見栄えがよくなるかな?」「どうしたらもっと売れるかな?」と、アレコレ考えながら工夫するのがとても楽しく、やりがいを感じました。

また商品のPOPなどもやらせてもらえていたので、商品の特徴や良さをアピールできるようにみんなでワイワイ言いながら作成するのも楽しかったです。

ケーキ屋さんに来るお客さんは、みんなHappyな気持ちで来られるので、お客様とお話しするのもとても楽しいです。
この仕事は、接客が得意で、細かな作業ができる手先の器用な人、暗記が得意な人・ケーキが好きな人にピッタリです。

ケーキ・洋菓子店のバイトを検索してみる

ケーキ・洋菓子店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『小さなパン屋さん』は忙しすぎず、暇すぎず♪女子高生にオススメのバイトだよ。

『駅ナカにあるファストフード店』は治安面で安心感バツグン!職場選びの2つのポイン...

『スーパーのレジ係』はだれでも気軽に挑戦しちゃお♪常連さんとのおしゃべりが楽しい...

『洋菓子店のバイト』でオシャレな包装やリボンの結び方を学ぼう☆応募前に知っておき...

『ハンバーガーショップのバイト』で花嫁修行?!経験者が語る、仕事の魅力と知ってお...

『お好み焼き屋アルバイト』は大学生にサイコー☆自宅でお好み焼きパーティーをやろう...