『洋菓子店のバイト』でオシャレな包装やリボンの結び方を学ぼう☆応募前に知っておきたい2つのポイント

みなさんこんにちは、「理想の仕事みつけよう!」編集長の向井です。この記事では、洋菓子店のバイトのココがイイ!をご紹介します。

お菓子の箱をきれいにアレンジして包装するのが得意なアミさん(31歳)にインタビューをし、洋菓子店アルバイトの魅力と、応募する前に知っておきたい2つのポイントご紹介いただきました!それではアミさん、よろしくお願いします!



はじめまして、アミです。私は18歳から24歳まで、百貨店に入っている洋菓子店で販売のアルバイトをしていました。

洋菓子店のバイトは女子が選ぶ“一度はやってみたい仕事”の上位にランクインする人気のバイトです。気軽に始めらるし、接客の基本が学べるしで、バイトが初めてな人にピッタリです。
この記事では、洋菓子店のバイトの魅力と、応募前に知っておきたいポイントについてまとめました!

<私の働き方>
時給:約1000円 月収手取り約18〜19万円
勤務時間:週5〜6日、1日8時間
必要な資格:特になし
勤務形態:アルバイト
仕事内容の大変さ:どちらかと言えば、楽なほう

職場のスタッフ層

まず、私が勤めていた職場のスタッフ層についてご紹介します。
もっとも多かったところが■の部分です。

比較的に若い女の子が多いので、落ち着いた雰囲気よりも明るい雰囲気のお店でした。黙々と仕事をやるというより、むしろチームワークを活かして仕事する感じです。

項目 もっとも多い層
経験年数 □6ヶ月未満 □6ヶ月以上1年未満 □1年以上3年未満
■3年以上6年未満 □6年以上 □なんとも言えない
男女比 □女性のみ ■圧倒的に女性 □どちらかというと女性
□男女比は同じくらい □どちらかというと男性
□圧倒的に男性が多い □男性のみ
年齢層 □22歳以下 ■23〜29歳 □30〜34歳 □35〜40歳 □40歳以上
家庭環境 □未婚の学生 ■未婚の社会人 □既婚(子供なし)
□既婚(子供あり)□離婚後(子供なし) □離婚後(子供あり)
□なんとも言えない
一緒に働くスタッフ人数(1日平均) □1人(自分だけ) ■2〜5人 □6〜10人  □11人〜20人 □21人以上
就職の難易度  ■超簡単♪ヒトであれば誰でも大丈夫 □どちらかと言えば簡単な方 □普通 □どちらかと言えば難しい(努力が必要) □超難関。相当な努力をしないと就けない

洋菓子店アルバイトの魅力とは?

https://www.photo-ac.com/

洋菓子店のバイトは、人に喜ばれる接客やスタッフ同士連携して協力し合うことを学べる!

私がバイトした洋菓子店は、百貨店の地下に入っているお店。
なので、自分の店舗のスタッフだけでなく、同じフロアーに入っているお店のたくさんのスタッフさんと顔見知りになり、仲良くなれた点はよかったですね。

またお客さんも、最初から洋菓子を目的に来られる人だけでなく、化粧品を買いに来てそのままふらっと立ち寄って下さる人も多いので、毎日かなりのお客様と接していました。

冬から春にかけての時期は、クリスマスにお正月、バレンタインにホワイトデー、ひな祭りにこどもの日など行事が目白押しで洋菓子店が忙しくなる時期です。

しかし何と言ってもピークはクリスマス。

クリスマスのように超超超忙しい時期は、スタッフ同士の連携プレーがとても大事なんです。洋菓子店の仕事は、一見「連携プレー」なんて関係ないように見えますが、実はそんなことないってことを、働き出して知りました。

忙しい時はとくに、みんなで力を合わせてミスのないようにして、しかも「人に言われたから」とかではなく、自ら協力して動くことの大切さを学べました。

接客しているときは常に笑顔でいることで、お客さんと話がはずんで仲良くなれることもあります。時にはお菓子を購入してくださったお客様に「かわいくリボンをかけてくれてありがとう」と手紙をもらったりして、とても嬉しかったです。

新しいケーキが出ると試食ができるので「お客様にどんな風に説明したらこの味が伝わるかな〜?」と考えながら食べてみて、実際に来店されたお客様に自分が感じた味や感想を説明して、それでご購入いただけるととても嬉しかったですね。

接客する時には笑顔を忘れない、お客様のことを思って接客するという、そんな少しの心遣いで「また来るね」と常連になって下さるお客様もいて、それがすごくやりがいになっていました!

包装やリボンの結び方など、ひと工夫してオシャレに飾ることで、お客様にとても喜んでいただける。

百貨店にある洋菓子店には、お誕生日や何かのお祝いごとなど『特別なお菓子』を買うためだけでなく、ちょっとしたプレゼントやお土産品など、日常的なお菓子を買い求めるために来てくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。

お菓子選びで迷っているお客様に、贈る相手のご年齢や家族構成、お客様のご要望などを聞きながら、ピッタリのお菓子を提案したり、それに合った包装の仕方を工夫したりするのが楽しかったですね。

ケーキの上に置くプレートに名前を入れることもしましたが、文字の横に絵柄を描いてみたり、丸み帯びた文字で描いたりと、ちょっと工夫するだけでまた印象が違ってきます。

さらにそのプレートを置く場所によってもガラッと印象が違ってきます。ケーキの真ん中に置くのが一般的ですが、ちょっとずらして横に置いてみるのもオシャレになります。

仕事を始めた当初は、ただ文字を書いて真ん中に置くだけでいいと思っていましたが、そんなひと工夫でお客様がとても喜んでくださり、再度ケーキの予約を入れてくださったりするので、そんな時は「この仕事をして良かった〜」と心から嬉しくなりました。

包装の包み方やリボンの結び方もいろいろな種類があるので、それを覚えてお客様の贈り物をオシャレに包装して差し上げることが、私のやりがいになっていました。

洋菓子店の『バイト』を検索してみる!

洋菓子店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

洋菓子店のバイト 応募前に知っておきたいポイントとは?

https://www.photo-ac.com/

洋菓子店のバイトは、土日に休みが欲しい人やクリスマスに休みたい人はやめておいた方がいい

洋菓子店は先ほども書いた通り、クリスマスやお正月といった行事があるときはとても忙しいです。

クリスマスは特に、休みがないと思っていた方がいいと思います。スタッフ総出で朝から晩まで働いていた記憶があります。

行事ごとに新作ケーキやお菓子が出てくるのですが、案外、お正月にもたくさんのお客様が買いに来られるのは、働いて初めて知りました。(私はそれまで、お正月といえば洋菓子より和菓子のイメージでした)

バレンタインデーやホワイトデーも、クリスマスほどではありませんがとても忙しいので、なかなかお休みはとれません。

またそれ以外の時期も、洋菓子店でバイトすると、土日よりも平日が主に休みになると思っていた方がいいですね。土日に確実休みたいと思っている人には、この仕事は不向きだと思います。

洋菓子店でバイトするなら「笑顔」と「清潔さ」は必須。プラス、自分がお店の雰囲気に合っているか、考えてみよう!

洋菓子店のバイトは特別なスキルも必要ないですし、とても気軽にチャレンジ出来る職業です。(製造のほうで働くなら、パティシエの資格が必要だったりしますが。)

ですが、接客業の基本である『笑顔』と『清潔感』は必須です。
無愛想な人に接客されてもお客様は喜ばないですし、見た目が汚らしい人だとお客様はお店に来なくなります。笑顔と清潔感がない人は、まず採用さないと思っていたほうがいいです。

また、面接をしてくれた店長から聞いた話ですが、その人を採用するかどうかは、その人の雰囲気とお店の雰囲気が合っているか?という点も大切なんだそうです。
お店の雰囲気によって、こんな雰囲気の人が欲しいな。というのがあります。

高級感のあるお店には「品のある人」が合いますし、可愛らしいお店には「可愛らしいタイプの女性」がピッタリです。

最初からお店の雰囲気に完全にマッチしていなくても、働いているうちに自然と重なってくることもありますが、「自分はこのお店の雰囲気にマッチできるかな?」「マッチしたいかな?」と考えて、YES!と思える店舗に応募したほうがいいと思います。

洋菓子店のバイトは、若くて明るい人でも、落ち着いた雰囲気のある人でもいい。接客が好きで思いやりの心がある人に向いている。

ちょうどクリスマスの時期、お店の前にできた行列の『最後尾』と書かれた札が、ずっと遠くに見えていたあの日のことは、今でもはっきりと覚えています。

次から次に注文がきて、もう、何個ケーキを入れても終わらないし「一体、何があったの?!」って思ってしまうほどすごいお客様で。

スタッフのみんなとても仲がよかったので、あまりの忙しさに「・・・もうダメ」と思いつつも、ケーキを詰めながらみんなでショーケース越しに目を合わせて合図をしたり、
相手の行動を先読みしてヘルプで動いたりと、自慢の連携プレーでなんとかその日を乗り切りました!

みんなで一丸となって働いたことはとても楽しかった思い出です。
忙しすぎてもみんなイライラすることもなく、お互いに声を掛け合いながら気持ちを楽にして、楽しく仕事が出来ました。

その日は本当に、時間があっという間に経ちました。

その日の営業が終わった後、店長が1人ずつケーキを残してくれていて、それを食べながらみんなで「今日は疲れたね〜!」と笑いあいました。

みんな疲れているのに、それでも笑顔でいられることが、とても素晴らしいなと思いました。

洋菓子店のバイトは、若くても明るい人もとても合うと思いますし、落ち着いた雰囲気を持った人にも向いていると思います。何より、人と接することが好きで思いやりの気持ちを持っていることが大切だと思います。

接客の仕事を通して得られるものは、他の仕事に変わったあとも必ず役立つものばかりなので、ぜひ、いろんな人に挑戦してみてほしいですね。

洋菓子店の『バイト』を検索してみる!

洋菓子店の『正社員求人』をエージェントに紹介してもらう

関連記事

『焼肉屋のバイト』では“ポッチャリ体型”がチャームポイントに♪大きな声で元気にい...

『ケーキ・洋菓子店アルバイト』は試食がやめられない☆応募前に知っておきたい2つの...

『ラーメン屋のバイト』はファースト・バイトにうってつけ☆気軽に始められるのがいい...

『居酒屋のアルバイト』はまかないが最高!応募前に知っておきたい2つのポイント

『スーパーの野菜売り場アルバイト』は廃棄前の果物が食べ放題!ビタミン不足の心配い...

『お好み焼き屋アルバイト』は大学生にサイコー☆自宅でお好み焼きパーティーをやろう...